オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
なごやのねたや福岡由美の“名古屋ネタ帖”

【コラム】やっぱり"休養"は必要なのだ!

2019年3月31日 10:01 | コメント(0)

どうも、Yumio@東京です。


東京事務所を移転してはや7ヶ月。
引越し以来、うちの事務所の中で
マイナスイオンを放出し続けてくれているのが
こちらの↓ウンベラータ↓くん。
(植物の光合成によるマイナスイオン放出って、
実は科学的根拠は全くないらしいけどね・笑)


IMG_2116.jpg
▲最初の2ヶ月ぐらいは日照不足で元気が無かったけど、
光合成を促す『植物育成ライト』を2灯当てるようにしたら
冬の間もぐんぐん成長を続け、もはや天井に届くほどの勢い。
一週間に2~3個つずつ芽が出て葉っぱを広げるので、
このままだと事務所移転一周年を迎える頃には
ジャングル状態に鬱蒼と茂っているのでは?とやや心配(笑)


しかし、目下成長中のウンベラータくんを観察しながら
ふと気づいたことが。


どうやら、『植物育成ライト』は
やたらと当てれば良いというものではなく、
毎日毎日ライトを当て続けていると
一時的に新芽の成長が止まってしまうようなのだ。


逆に、出張で事務所を空けていて
ライトを点けずに『数日の休養期間』を設けた後は、
新芽がひとまわりもふたまわりも大きくなって
はちきれんばかりに成長。

その状態で久々にライトを点灯すると、
新芽の殻がパカっと割れて、新しい葉っぱを広げる。


なるほどねぇ。

やっぱり植物たちも、大きく成長するためには
『定期的な休養期間』が必要なんだなぁ、としみじみ・・・
→自分の日々の生活と照らし合わせて
苦笑いしてしまったわ~。


IMG_2117.jpg
▲それと、同じ幹から分かれた枝でも、
日当たり(ライト当たり)の良い場所へ向かって
先に伸びた枝はぐんぐん成長するけど、
そのポジション確保に出遅れた枝は成長が止まったまま。
これまた人生然り(笑)植物にもドラマがありますな。


・・・なんて。
部屋の観葉植物を眺めつつ、
あれこれ薀蓄を考えながら
原稿書くのをサボっているワタクシであります。


さてと、ここ数日腱鞘炎のおかげで少し『休養』できたから
今日はこれから一日真剣に原稿書こっと。

※おかげさまで右親指の腱鞘炎は、
マウス操作しても、変換キーを打っても
痛みを感じないぐらいまで回復しました(笑)

<< 前の記事 次の記事 >>

福岡由美

福岡由美
ライターエージェント(株)ヒューズ・エンタープライズ代表取締役
名古屋・東京を拠点にしてラジオ番組構成作家・住宅ライターとして活躍中。
グルメ・仕事・恋愛・結婚蘊蓄まで『なごやのねたや』が綴ります。

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る