オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
なごやのねたや福岡由美の“名古屋ネタ帖”

【旅】奈良・明日香村、キトラ古墳壁画公開に行ってきました!

2016年10月16日 08:13 | コメント(0)

どうも、Yumio@名古屋です。


先日のこと。
『キトラ古墳壁画公開』の特別見学に当選したので、
奈良・明日香村に行ってきました!


IMG_0303161016111.JPG
▲明日香村の玄関口、近鉄『飛鳥』駅。
"日本人の心のふるさと"と呼ばれる明日香村は、
村内のあちこちに遺跡が眠っているまち。
勝手に街並みを変えることもできないので
「凍結が義務づけられたまち」と言われているものの、
そのぶんまったく観光地化されておらず、
まさに日本の里山の原風景が広がっている。
フツーの農家の畑のすぐお隣に
天武天皇・持統天皇陵があったりして、
スゴイ遺跡が平然と風景に馴染んでいるのも面白い!


IMG_0305.JPG
▲今回、キトラ古墳壁画体験間館の
オープンに合わせて開催された第一回『壁画公開』。
(すでに申込受付は終了しているそうです)
キトラ古墳と言えば、石室の天井に描かれた天文図や
北壁の玄武、東壁の青龍、南壁の朱雀、西壁の白虎の
鮮やかな壁画が、真空状態で奇跡的に残されていた古墳。
今回はそのなかの、天文図・朱雀・白虎の3点が公開され、
指定時間ごとにグループに分かれて
10分間だけガラス越しに壁画を観賞することができました。


ちなみに、壁画をどうやって運び保存したんだろう?と思ったら、
発見された当初は、約1300年もの時を経て、
岩面の上に塗られた漆喰が浮き上がっていたのだそう。

その浮いた漆喰の隙間にダイヤモンドの糸を入れ、
壁画の部分だけ上手に剥がし取って、
修復・保存したんだって!
(気の遠くなるような細かい作業ですな)


次回、玄武と青龍の公開は2016年冬を予定しているのだとか。
せっかくなら全部見学してコンプリートしたいわぁ!

★キトラ古墳壁画公開のサイトはこちら★
http://www.kitora-kofun.com/


================================================


さてさて、
キトラ古墳の壁画の見学はあっという間に終わってしまったので
せっかくなら・・・ということで、
明日香村内に点在する古墳めぐりを敢行!


IMG_0307161016222.JPG
▲こちら、キトラ古墳は7世紀末~8世紀の
古墳時代の終わりに造られたとされる古墳。
誰の古墳であったかは判明していないものの、
豪華副葬品から身分の高い人のものと推測されているそう。


IMG_0310.JPG
▲高松塚古墳は、地元農家の方が
生姜を植えようと思って畑を掘っていたら
固い石に当たって発見されたという藤原京期の古墳。
有名なのは壁画の女子群像・・・
あ、あの教科書に載ってたヤツだ(笑)!


IMG_0311.JPG

IMG_0312.JPG IMG_0313.JPG
▲これまた教科書で見覚えのある『石舞台古墳』は、
蘇我馬子の墓ではないかと推察されている古墳。
ショベルカーもパワークレーンも無かった時代に
約2300トンもの石をどうやって組み上げていったんだろ・・・
当時どれぐらいのひとが建設に携わったんだろ・・・
昔のひとはどんな想いでこの風景を眺めたんだろうか・・・
中に入って上を見上げると、
ものすごい歴史ロマンを感じます(笑)


================================================


このほかにも、
聖徳太子生誕の地・橘寺、
日本最古の大仏がある飛鳥寺など
めぐりたい歴史スポットが満載だったけど、
残念ながら時間切れにて今回は断念!

"日本人のこころのふるさと"
また、ここへ必ず再訪することを心に決めて、
秋の飛鳥路を後にしたのでありました。
<< 前の記事 次の記事 >>

福岡由美

福岡由美
ライターエージェント(株)ヒューズ・エンタープライズ代表取締役
名古屋・東京を拠点にしてラジオ番組構成作家・住宅ライターとして活躍中。
グルメ・仕事・恋愛・結婚蘊蓄まで『なごやのねたや』が綴ります。

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る