オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
なごやのねたや福岡由美の“名古屋ネタ帖”

【コラム】妻や夫のために死ねるのか?

2010年1月17日 13:11 | コメント(6)

どうも、YUMIOです。

 

今回は久々に恋愛(?)談義のエントリー。

 

 

========================

 

 

先日のこと、

ワタクシがアニキと慕うM氏の親友で、

モデル事務所クラッチの社長・Oさんとお食事をした。

 

 

東京・名古屋・大阪・上海を行ったり来たりのOさん、

 

名古屋に立ち寄った際は、

友人を交えて食事をしながら情報交換をしたりしてる。

※今回はお仕事絡みの親睦会もかねて

ナレーターコンパニオンの新妻・Yちゃんが同席してくれた。

 

 

 

ちなみに、Oさんは正統派イケメンのアラフォーシングル。

 

絶対にモテないワケはないと思うのだが、

現在彼女募集中。

 

 

「今年こそ結婚!」と宣言されているので、

親睦会の話題は仕事のハナシから

自然に結婚談義へと移っていった。

 

 

========================

 

 

「この前、結婚してる男友達の言葉に感動しちゃってね。

遊び人だったはずの男が

"あいつ(妻)のためなら俺は死ねる"って言ったんだよ。

それってスゴイことだなぁ、と思って・・・

"俺はコイツのために死ねる"と思えるような女性に

出会いたいと思ったんだよね」とOさん。

 

 

 

ほほう・・・妻のために死ねる?????

 

確かに、なかなか言えない感動的な言葉だ。

 

 

 

そこでOさんから、

「YUMIOさんたち、妻の立場から見たらどうなの?

ご主人のために死ねる、なんて思う?」と質問が。

 

 

 

ワタクシ「・・・・・。」

 

Yちゃん「・・・・・。」

 

 

 

その場で即答できないってことは、

ま、それが答えだわな。

 

 

世の男性諸氏、

ほんますんません。

 

たぶん女はそこまで考えられないと思いますわ。

 

 

 

もちろん、状況にはよる。

 

2人で歩いてて、突然車が突っ込んできて、

「危ない!」といって、旦那のことをかばって

自分が命を落とすことはあるかもしんない。

 

 

でも、

何らかトラブルに巻き込まれた夫を目の前にして、

「あなたの命と引き換えに、

ご主人の命を助けますが、どうしますか?」

 

と聞かれたら、正直なところ

 

「ぜひとも!交換してください!」とは言わないと思う。

 

だって、それで生き残った旦那のほうが

一人ぼっちでかわいそうな気がするもん・・・

 

 

 

もちろん、これは「たられば」の不毛な議論なので、

実際にその場になってみたら

考えが変わるのかもしれないけど、

 

現時点で、ワタクシとYちゃんは、

Oさんが安心するような答えを述べることができなかった。

 

 

「・・・ははは。

やっぱり女のひとの現実ってそうなんだね。

今日はすごく勉強になったよ」と笑うOさん。

 

 

これでOさんの結婚への道のりが

また少し延びてしまったかもしんないな。

すんまへんなぁ。

 

 

========================

 

 

うちへ帰って、うちのパートナーに

同じ質問をぶつけてみた。

 

 

「君、わたしのために死ねるか?」

 

 

「は?

そんなの無理じゃね?

だって、そんなことされてもお前、

ちっとも嬉しくないだろ~?

 

でも、ハマーやアッシュのためだったらちょっと考えるかもな。

俺らの子どもみたいなもんだから・・・」

と答えるパートナー。

 

 

ハマーやアッシュとは、ご存知うちの愛猫。

 

 

あたしゃ猫に負けた妻だ

 

 

ま、現実の結婚生活なんてこんなもんですがな。

 

 

================================================

本日の〆の一枚はこちら

================================================

 

100115_203353.jpg

▲本日の会合場所は木曽路錦店。見事な霜降り肉!

やっぱり木曽路のお肉って美味しいよなぁ・・・

Oさん、御馳走様でした!

<< 前の記事 次の記事 >>

福岡由美

福岡由美
ライターエージェント(株)ヒューズ・エンタープライズ代表取締役
名古屋・東京を拠点にしてラジオ番組構成作家・住宅ライターとして活躍中。
グルメ・仕事・恋愛・結婚蘊蓄まで『なごやのねたや』が綴ります。

Comment コメント

たてまつ 2010年1月17日 23:27

死んぢゃったら美味しいお肉がいただけませんよぉ~(+_+)
今年が4回目の年男である小生は、普段でもお肉がいただけません・・・
すでに、その境地に達したか?!(笑)(笑)

福岡由美 2010年1月18日 08:25

■たてまつさま
おお!たてまつさん、
寅年生まれでいらっしゃったんですね!

わたしは40の酉年ですが、
確かにお肉をいただく量が格段に減ってきました。

※あ・・・この日の木曽路は
たっぷり頂いてしまいましたが(笑)

食生活は完全に“草食化”しつつありますが、
お互い気持ちは“肉食”のままで・・・(笑)

EDE 2010年1月18日 08:54

結局 タイタニック、ですよね。
相手のために板切れを譲れるか。
自分一人だけ板切れに乗ったままでいいか。

 結局残った方も辛い思いが残るから、
本当に本当に好きなら、一緒に沈むべきよね~

だから、本当は突発的な時以外は、絶対誰だって
ためらうんだろうから、「お前の為なら死ねる」ねんて
台詞で、婚活中の人を惑わしたりしたらいけないと思うな~(^^)

福岡由美 2010年1月18日 13:12

■EDEさん
なるほどねっ!
まさにタイタニックのジャックとローズ・・・


わたしは子どもが居ないから
想像でしかわからないんだけど、

たぶんこれが“自分の子ども”だったら
何も考えずに命を差し出すんだろうなぁ。
やっぱり親子愛は無償の愛なのね。


でも、夫婦ってそこまではならないような気もする・・・


一度「妻のためなら死ねる」というご友人が
どんなシチュエーションでそれを感じたのか、
じっくりとお話しを聞いてみたいもんですわ・・・


ちなみに・・・婚活中のO氏は、
我々の妻談義を聞きながら笑ってくれてはいたけど、
妻(おんな)たちのリアルトークに引いていたっぽい(笑)(笑)

========================

※Oさん、
もしこのエントリー読んでいただいてたら、
ほんますんまへん(笑)

あきちゃん 2010年1月18日 14:31

おいらも錦店、先日いきましたが、
しゃぶしゃぶコースの〆に中華メンが
チョイスできるようになりましたな 笑


福岡由美 2010年1月18日 14:39

■あきちゃん
そうそう!
今回はきしめんにしましたが、
中華麺もありましたね!

実は年末からいろんな“オシャレ系”しゃぶしゃぶ店を訪れてたんですけど、
やっぱり木曽路のお肉のほうが断然美味しかった!

これから木曽路頻度高くなりそうですわ。
こんどは中華麺にしよ~♪

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る