オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
バリキャリOL裕子の“仕事もオフも120%”

コスパ良し!四間道の古民家レストラン@ペルージュ

2019年9月17日 11:00 | コメント(0)

1-2019-09-066.jpg

 四間道に、結構前からあるフレンチレストラン「ペルージュ」。こじんまりとした店内ですが、お料理は絶品、そして、取り揃えた自然派ワインを堪能することができます。

1-2019-09-06.jpg

 残暑厳しき折、名駅からココまで歩くと、暑~!!

 久しぶりにお会いしたお友達と、まずアワもので乾杯。う~!たまらない!!アワもの美味しいですね~~暑い日のこの1杯、癒されます。

 

1-2019-09-061.jpg

 かなり前にお邪魔したことがあります。今では、すっかり人気店となってしまい、予約も取りにくいようですね。

 そして、運ばれてきたお料理に、舌鼓!!初めの口取りは、日間賀島のタコのカルパッチョ。静岡県の「さのトマト」のガスパッチョソースとともに。

なんて、繊細な味わいなんでしょう~

1-2019-09-062.jpg

 前菜は、和牛ほほ肉とテール、色どり野菜のゼリー寄せ。

 まあ、これも繊細に目にも美しいお料理。

1-2019-09-064.jpg

 白ワインをお願いしました。

 リースリングのようなボトルですが、ピノ・ブラン。

 梨とかのフルーツの味わい、しかし辛口のすっきりした白。面白いですね~

1-2019-09-063.jpg

 お魚料理は、石川県産ホウボウのポアレ。なんとそこに、品の良いモンサンミッシェル産のムール貝のクリームソース。

 優しい海の香り。

1-2019-09-065.jpg

 お肉は、渥美半島の保美豚ロース肉のロースト、マスタードソース。

 お肉が柔らかくって、マスタードとの相性抜群!

1-IMGP7875.JPG

 ついでに赤ワインも!

 この赤の品種、失念しましたが、とても美味しかったです。

 ソムリエの奥様が選んでくださるワインは、どれも最高!!

1-2019-09-067.jpg

 こちらのデザートは、しっかりあります。

 最初のデザートは、ココナッツのブラマンジェ、メロンのスープ。

1-2019-09-068.jpg

 二つ目のデザートは、コチラ。パイとアイスのサンド。

 

1-2019-09-069.jpg

 そして、焼き菓子と。

 最後まで盛沢山。繊細で、品よく、味わい深いこちらのお料理。これだけそろっていて、5000円のコースって、コスパ良すぎです!!

 四間道までの道のりは、都会の喧騒から徐々に離れていき、ふと昼間のこと忘れて、自分たちの時間に戻ったような気分になります。

 名古屋駅から15分ほどで、この静けさ。なんだか違うところに来たような気分。

 ペルージュさんんて、美味しいお料理と心を和ませてくれる時間を与えてくださいます。

 四間道界隈は、新しいお店が次々と出来、新しいスポットとなっているようですね、昔ながらのアジのあるこの街道、また来たくなっちゃいます。

 

「ペルージュ」

 名古屋市西区那古野1-23-9

 ℡(052)583-9222

 https://perouges.nagoya/

<< 前の記事 次の記事 >>

荒川裕子

荒川裕子
名古屋を中心に活動する会社員。オンは“鉄の女”と化し、オフは弾丸海外旅行、好きなワイン、花を中心に楽しむ。時にオヤジのごとく呑兵衛となる。オンオフを全力で楽しむ様子を、人生のテーマである「エレガント」目線で綴ります。

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る