オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
バリキャリOL裕子の“仕事もオフも120%”

ルアンパバーン思い出し

2019年6月 3日 11:00 | コメント(0)

1-2019-04-306.jpg

 あと少し、ルアンパバーンの思い出を。

 ソフィテルのオールデイダイニングで頂いた朝食。

 ここは、メインのものはオーダーでき、あとはビッフェでした。

 フルーツを。パパイヤとメロンと西瓜。

1-2019-04-307.jpg

 カオソーイという米粉の麺、これ気に入りました!アマンタカで頂いたときも美味しかった~

 今回は、トッピングは野菜にしました。どうも、ポークやチキンは、モーニングマーケットでの、ごちゃごちゃした雰囲気を思い出さずにはいられないので、ちょっと・・・。

 野菜だと、お出汁が足りないかな~と思いましたが、あっさりとして美味しかったです。よかった!!

1-2019-04-308.jpg

 サービスの男の子が、もっと食べてよ~と言われるので、このマフィンとヨーグルトを。

 

1-2019-04-309.jpg

 そして、国立博物館まで、自転車を借りて出かけました。

 プーシーの丘の向かいにあります。

 ここは、フランス植民地時代に、シーサワンウォン国王の住まいとして建立されたものだそうです。

 

1-2019-04-3010.jpg

 園内には、大きな池もあり、睡蓮が美しく咲いています。

 写真とりたい~と思いつつも、カメラもスマホも貴重品もすべて、ロッカーに預けなければならず、写真はここまで。

 博物館内には、当時の王様のお住まいの様子や、各国の首脳の訪問の際に、届けられた財宝が飾られていました。日本からの宝物もありましたよ。

1-2019-04-3011.jpg

 王宮から門までは、このような長い道。両側の木々が南国らしい。

 小さな街なので、結構自転車で、廻りました。

 お寺もいくつか行きました。なにしろ、この街は、仏教の街なので、お寺は多いです。

1-2019-04-3012.jpg

 そして、帰りは、トゥクトゥクを呼んでいただき、空港まで行きます。

 到着時は、アマンの車でしたが、帰りは、なんとトゥクトゥク!

 リヤカーの後ろに乗っているような気分!ですが、風が気持ち良かったです。

 空港まで、約10分。トゥクトゥクは、この街では、市民の足です。

1-2019-04-3013.jpg

 ほら、空港が見えてきました。

 行きは、車だったので、すぐに通りすぎちゃったけど。小さな空港なので、ローカル感満載!

 でも楽しかったです。

 旅って、いいですね、いろんな人との出会いがあって、その土地の文化や生活がわかるんですもの。

 やはり、旅することやめられないですね~

 

 

 

 

 

<< 前の記事 次の記事 >>

荒川裕子

荒川裕子
名古屋を中心に活動する会社員。オンは“鉄の女”と化し、オフは弾丸海外旅行、好きなワイン、花を中心に楽しむ。時にオヤジのごとく呑兵衛となる。オンオフを全力で楽しむ様子を、人生のテーマである「エレガント」目線で綴ります。

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る