オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
バリキャリOL裕子の“仕事もオフも120%”

大晦日の南京東路から外灘へ

2019年1月 6日 10:00 | コメント(0)

1-2018-12-314.jpg

 大晦日の夜は、南京東路の近くにある蟹のお店(また、蟹!!)で、一生分はオーバーすぎますが、2.3年分は食べた気分!!

 折角なので、外灘まで歩いてみました。ちなみに、今回の宿泊先は、人民広場の近くにあるJWマリオット。このJWマリオットは、場所が便利なので、過去3回訪問したうち、2回泊まっています。MTRでいえば、2号線で、人民広場ー南京東路と1区なので、十分歩ける距離なのです。その南京東路から外灘まで徒歩圏内ということで、結局、ホテルから外灘まで歩いたということになります。

1-2018-12-3110.jpg

 上海は、街路樹がキレイです。今は、葉も落ち、枝だけになっていますが、秋にはプラタナスが色づいて、租界のビル群とのコントラストは、また素敵です。

1-2018-12-3111.jpg

 しかし、この人!外灘まで、皆歩いているのですね~

1-2018-12-313.jpg

 こういう表示があるので、道、間違えませんね。

1-2018-12-318.jpg

 人が多いので、警察も半端なく警備にあたっています。交差点では、信号が赤になると、警察の方がこういう列をなして、信号無視して、渡ることができないように警備していました。

 以前、外灘で、人が将棋倒しになった事件があったので、警備は慎重なのでしょう・・

1-2018-12-319.jpg

 見事にそろっているのです。今度は、向きを変えて。

 そして、このポリスのお兄さん、皆、背が高くて、カッコイイの!!皆、顔も小さい~~

 実は、ポリスって、運動神経万能プラス身長、顔も審査に入ってるのかしら・・・と思わずにいられません。

1-2018-12-3112.jpg

 とても冷えているので、こういうおでんのお店が繁盛しています。

1-2018-12-3113.jpg

 これまた面白い!長い串です。

1-2019-01-013.jpg

 この牛乳みたいな、ヨーグルトみたいなものなのかな?人気でした。街のあらゆる所で売っていました。

1-2018-12-3114.jpg

 ようやく外灘まで来ました!

 こちらは、和平飯店、外灘20号ともいわれます。フランス租界の由緒あるホテル。かつては、上流階級の集まる社交場であったそうです。

 今は、1階にマキシム・ド・パリが入っていました。

1-2018-12-31.jpg

 そして、眼前は、上海のこの風景。

1-2018-12-311.jpg

 ライトアップされた外灘の歴史あるビルたち。

1-2018-12-3115.jpg

 外気は、しんしんと冷えてきていますが、人は増える一方。

 ただ、中国は旧正月が、本来のお正月なので、新暦のお正月については、さほどお正月のお祝いはないようです。

 年末のカウントダウンも、さらっと済ませる感じです。

 私は、カウントダウンまでおらず、ホテルに帰りましたが、花火あがったんでしょうね。寒くって、そこまで待てなかったな・・・

 

<< 前の記事 次の記事 >>

荒川裕子

荒川裕子
名古屋を中心に活動する会社員。オンは“鉄の女”と化し、オフは弾丸海外旅行、好きなワイン、花を中心に楽しむ。時にオヤジのごとく呑兵衛となる。オンオフを全力で楽しむ様子を、人生のテーマである「エレガント」目線で綴ります。

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る