オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
バリキャリOL裕子の“仕事もオフも120%”

1日だけの滞在をポップで優雅なJWマリオットで過ごす

2018年11月28日 10:00 | コメント(0)

1-2018-11-17.jpg

 シンガポールで着いた先は、ココ、JWマリオット・シンガポール・サウスビーチ。2017年に建てられたという、まだ新しいホテルです。

 マリーナにほど近いと感覚的に感じていたものの、実際の場所がわからず、空港からはタクシーを利用。タクシーで20分くらいです。ホテルの住所が、Beach Roadとなっていたので、そのビーチロード側に到着したものの、あれっ、何か変!ボーイさんひとりもいないし・・・仕方なく、荷物を持って中に入ります。あれれ、フロントってどこかしら・・・そうしたら、親切な女性がフロントまで案内してくださいました。要は、タクシーの運ちゃん、エントランスがわからず、ホテルの反対側につけたようです。ちなみに、ホテルは地下鉄に直結、「ESPLANADE」という駅がすぐでした。(汗)

 正面はコチラです。

1-2018-11-175.jpg

 エントランスは、さほど広くないのですが、入って、まずびっくり!

 このポップなアート!!

1-2018-11-176.jpg

 そして、エントランス横には、このようなお部屋がありました。ホテルなんですが、リビングルームみたいに調度品がおかれ、ほっと落ち着く空間。新聞や雑誌も置かれていました。ここで、ゆったり新聞を読むこともできるようです。

1-2018-11-167.jpg

 ロビーです。毛皮のイスや、デザイン性豊かなソファーの数々。壁のアートも、今までのホテルにない鮮やかさ!

 どちらかというと、アンダースやWホテルのようなポップな感じです。JWマリオットは、ソウルやハノイでも泊まったことがありますが、これまた違う雰囲気!

1-2018-11-174.jpg

 コンシェルジュデスクの後ろには、シャンパンやワインが並んでいました。このホテルのバーで飲むことができるそうです。

 オーパスワンもありました。ただでさえ、シンガポールはアルコールが高いのに、いくらになるのでしょう・・・なんて、庶民は考えちゃいます(笑)ちなみに、オーパスワンではありませんが、このホテルの別棟には、ナパのスタッグスリーフのワインバーがあるようです。

1-2018-11-177.jpg

 エレベーターは、カードキーでチェックしないと利用階まで行くことができません。セキュリティ上、これは必須ですね。

 そして、エレベーター内が、こんなふうに、青、緑、赤・・・などと変化するのです。ちょっと、・・・オドロキです。

1-2018-11-1614.jpg

 エレベーターホールは、シックで落ち着いた雰囲気です。

1-2018-11-168.jpg

 さて、お部屋に入ります。エレベーターホールに続いて、このシックでありながらアートフルな壁と絨毯。

1-2018-11-1611.jpg

 広々としたベッド。今回は、1泊だけなので、通常フロアで、一番スタンダードなお部屋にしたのですが、ゆったりとして、この豪華さ!窓からは、なんと、ラッフルズホテルが見えます。それを見て、ようやく付近の地図がわかってきた私・・・鈍すぎる。

 ベッドの壁のダンスの絵が素敵です。現代風なのですが、このダンスで優雅な雰囲気が漂ってきます~

1-2018-11-1610.jpg

 ベッドの横には、鏡があって、中はクローゼットと冷蔵庫、カップやグラス類があります。お部屋のお飲み物は、やはりTWG。

1-2018-11-169.jpg

 エントランスから入って左手に、バスと個別のシャワールーム、そしてお手洗い。

1-2018-11-1612.jpg

 シンクも一面鏡張りで、機能的。かゆいところに手が届くような繊細な造りとなっています。全体を通して、女性好みの造りなのかな。

1-2018-11-178.jpg

 JWマリオットのレター、そして、お休み前のチョコレート。このあたりは、いつものJWマリオット!

 エントランスから、少し驚かされるような内装、華美に感じるところもあるけれど、お洒落で現代的なこのホテル、気に入りました。

 前回泊まったマリーナ・ベイ・サンズもシンガポールの象徴的で、素晴らしかったけれど、あの大型ホテルに比べて、こじんまりとしたこのホテル、女一人旅にはぴったりくる感じ!1泊でしたが、少しのんびりできた感じですね~

 「JWマリオット・シンガポール・サウスビーチ」

 https://www.marriott.co.jp/hotels/travel/sinjw-jw-marriott-hotel-singapore-south-beach/

 

<< 前の記事 次の記事 >>

荒川裕子

荒川裕子
名古屋を中心に活動する会社員。オンは“鉄の女”と化し、オフは弾丸海外旅行、好きなワイン、花を中心に楽しむ。時にオヤジのごとく呑兵衛となる。オンオフを全力で楽しむ様子を、人生のテーマである「エレガント」目線で綴ります。

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る