オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
バリキャリOL裕子の“仕事もオフも120%”

高台寺「ねねの道」を通って「まとの」さんへ

2018年11月14日 10:00 | コメント(0)

1-2018-11-1111.jpg

 高台寺天満宮に、牛さん。高台寺は、豊臣秀吉の奥様であるねねのお寺として有名ですが、この牛は、ねねが、日ごろ崇拝していた菅原道真公を勧請して守護神としたということです。大宰府に比べ、意外に小ぶりな牛さんですが、菅原道真公の学問の神様、そして、太閤秀吉は、出世し長生きであったことにちなんで、開運、出世、健康長寿、災難厄除けなどにご利益があるそうです。ワタクシも、頭が良くなりますように・・・と、頭なぜなぜしてきました。

1-2018-11-1112.jpg

 こちらは、マニ車です。マニとは宝石のこと。時計周りに回すことで、身体、言葉、施行を清め、災いを取り除くことができるそうです。

1-2018-11-1113.jpg

 そして、ねねの道を通って、お昼を予約した「まとの」へ行きます。

1-2018-11-1114.jpg

 高台寺からほど近いところ。風情ある街並みと、この入口。ワクワクします。

1-2018-11-1115.jpg

 坪庭の見えるお部屋に案内してくださいました。

1-2018-11-1119.jpg

 折角、和食を頂くので、日本酒をお願いします。辛口が良いけど、京都に来てるので、京都のお酒が飲みたい!ただ、大吟醸ばかり・・・大吟醸は美味しいですが、私的には、甘いっ!って印象で、お酒飲みとしては、ただの純米がいいなと思っています。

 迷っていたら、おかみさんが、小さなグラスで、富翁と花邑を出してくださいました。富翁は、大吟醸ですが、かなりお酒っぽい、辛口でしたので、それをオーダー。ほほ、昼間っから飲みますわよ。

1-2018-11-1117.jpg

 このお酒の入れ物、お洒落ですね。

1-2018-11-1116.jpg

 お料理は、まず突き出しは、柿の白和え。家の方で柿が豊作なので、おーここでも柿~って感じですが、品の良い白和えでした。

1-2018-11-1118.jpg

 魚の卵の真丈。お吸い物のお出汁が美味しい。日本人だな~と感じるひとときです。

1-2018-11-1120.jpg

 マグロと鰆のお刺身。

1-2018-11-1121.jpg

 京野菜、赤こんにゃくなどの炊き合わせ。

1-2018-11-1122.jpg

 揚げ物と八寸です。

1-2018-11-1124.jpg

 おこげ入りの土鍋で炊いたご飯にじゃこ。そして赤だし。

1-2018-11-1123.jpg

 水物は、梨と胡麻と大葉のジェラート。

 どれもソツなく美味しかったです。祇園にほど近いこの場所で、これだけのお料理が提供されて、お値段もまあまあ。お腹もいっぱいになります。が、なんとなく普通に収まっている感じなんですね。北山で開業されて、この高台寺に移転されたというお店、浮き沈みの多い京都のお店で、長く続いているお店だと思います。

 あ、そう、一番安いコースだったから、食材が普通だったのだと気が付きました。確かに予約が取れないお店や老舗の料理屋は、お値段も高い~!!

 そういう意味で、コスパもよく、京都の雰囲気もたっぷりの「まとの」さん。帰り際に挨拶してくださった大将、イイ人って感じだったな~

 「まとの」

  京都市東山区高台寺北門前通下河原東入ル鷲尾町501

  ℡(075)531-0202

 https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26000391/

 

<< 前の記事 次の記事 >>

荒川裕子

荒川裕子
名古屋を中心に活動する会社員。オンは“鉄の女”と化し、オフは弾丸海外旅行、好きなワイン、花を中心に楽しむ。時にオヤジのごとく呑兵衛となる。オンオフを全力で楽しむ様子を、人生のテーマである「エレガント」目線で綴ります。

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る