オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
バリキャリOL裕子の“仕事もオフも120%”

広尾でプーリア地方のイタリアンを堪能する!

2018年8月16日 11:00 | コメント(0)

1-2018-07-209.jpg

 名古屋のお友達が、東京出張で来るから、一緒にお食事でもということになって、あわてて探したお店がコチラ。

Antichi Sapori

 いやあ~東京ですなーと感じずにはいられない。というのは、この日は金曜のディナータイムだったのですが、良さそうなお店何店か電話してみたところ、結構満席で、断られること多し。名古屋でも、名店と言われるお店は、比較的、席数も少ないためか、こういうケースよくありますが、東京の場合、席数もまあまああるんですね。さすが東京!人の多さが違うわ~と思った次第。

 もうひとつ、東京だわ~と思った点。イタリアンのお店でディナーというと、行ってみたい!良さそう~ってお店の案内を見て見ると、たいてい10000円以上、まあまあのお店ですと、20000円はします。お店によっては、コースでとなっていて、コース1万以上。私は、お酒を飲むので、どうしても高くなってしまいます。それに、お料理は可能であれば、アラカルトでオーダーしたいですよね。

 とまあ、お店もよくわからず、こちらのお店の予約がとれたので、ひとまず安心。とりあえず、19時半にお店で待ち合わせとなったわけです。

1-2018-07-20.jpgのサムネイル画像

 取り敢えず、ロゼのスパークリングで乾杯!

1-2018-07-201.jpg

 こちらのお店、プーリア地方といって、イタリアの山の方なんだそうです。その郷土料理のお店だそうです。ですから、お料理は、お魚よりもお肉がメイン。メニュー見て、あれー、お魚が少ないな~と思ったのです。

 うーん、お肉か・・・肉より魚なんだな~私。海側のイタリアンばかりだったのね、今まで。魚介に白ワイン、いいじゃないですか!!       と思ったものの、折角なので、ブーリア料理を堪能しようでないですか!お店のおススメというと、お値打ちなのは、コースらしいので、結局、4600円のコース(これはコスパよしです)にしました。

 まず、最初の突き出し。ズッキーニの花をチーズで包んで焼いたもの。

1-2018-07-202.jpg

 ストラチャラッテというフレッシュチーズのスープ。ふわっとした湯葉みたいな食感です。

1-2018-07-203.jpg

 

これは、何だったか・・・ハムみたいなものだったと思います。オランディーヌソース。

1-2018-07-204.jpg

 

パスタは、オレキエッテ。貝殻みたいな形のパスタです。

1-2018-07-206.jpg

 メインは、サルシッチャと馬肉なんですが、馬肉は、名古屋のヴィッチーノでも食べたなー。馬肉は嫌いじゃないけど、牛肉に変更できるということなので、牛肉にしていただきました。

1-2018-07-206.jpg

 そして、デザートの前に、リモンチェロ、リモンチェロにミルクが入ったもの、アマ―ロの3種のリキュール類が供されます。甘いんですが、一応全部味見。

1-2018-07-207.jpg

 オレンジピール、アーモンド、マシュマロ。これも好きなだけ頂けるのですが、全体的に甘い!!

1-2018-07-208.jpg

ドルチェです。どれも甘いですねー お酒を飲むので、こういう甘いデザートはあまり頂かないのですが、コースだったので。なんとなくデザートがついてる感じのコースもある中、ここのデザートは、しっかりありました。すごい満足です。

1-2018-07-2010.jpg

 お店の雰囲気は、イタリアののどかな雰囲気が感じられる店内。意外に広く、イタリアの山の方、プーリア地方のレストランを再現しているとか。すごーい!現地シェフも来店し、大絶賛だったというお店だそうです。

 すごいお店に来てしまったのね、私たち。道理で。お料理はすごく美味しかったです。

 それに、広い店内だったのに、ほぼ満席でした。おそらく、私たち、最後の1テーブルが空いていたため、予約できたのではないかと思います。それに驚いたのは、男性同士のお客様も多かったこと。東京のビジネスマンは、同僚で、こういうお店に来るのね!と驚いた次第です。名古屋では、居酒屋で、あーだーこーだと仕事の話するのが関の山。

 そして、このお店、コスパもめやくちゃ良し!

 だから東京って、魅力です。

「ANTICHI SAPORI」

 東京都港区南麻布5-2-40

 電話(03)6277-2073

 https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130703/13159153/

 

<< 前の記事 次の記事 >>

荒川裕子

荒川裕子
名古屋を中心に活動する会社員。オンは“鉄の女”と化し、オフは弾丸海外旅行、好きなワイン、花を中心に楽しむ。時にオヤジのごとく呑兵衛となる。オンオフを全力で楽しむ様子を、人生のテーマである「エレガント」目線で綴ります。

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る