オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
バリキャリOL裕子の“仕事もオフも120%”

夢のようなカンクンの思い出

2018年5月 7日 10:00 | コメント(0)

2018-03-2421.jpg

 もうずいぶんと前のような気がするカンクンへの旅。

 ニューヨークからカンクンへ。

 寒かったニューヨークから一転して、暖かいいえ、暑いくらいのカンクン。

 明るくて、陽気なカンクン。

2018-03-2414.jpg

 空港に到着すると、到着ロビーから出口までは、ツーリストやタクシー会社でごった返したような雰囲気。

 いずれにしても、このあたりで、タクシーをお願いした方がよさそうだったので、タクシーの予約をし、そのタクシー会社のタクシー乗り場に行き、いざ、ハイアットジラーラ・カンクンへ。

 カンクンについては、毎度のことですが、何も考えていなかったので、ニューヨークからの移動中、慌てて調べました。

 両替も、メキシコペソにするより、ドルで持っていた方がよいみたい!あれっ、大変!現金はあまり持ち歩かないので、ドルもさほど持ってきておらず、しかも、チップやタクシーでほとんど使ってしまってました(汗)

 ホテルまでの足も、その場で対処。まったく計画性がないというか・・・

ホテルについては、リッツに泊まってみたかったのですが、やはり料金が高いので、次の候補だったハイアットにしたまでです。

ハイアットは、なんだか良さそうな雰囲気だったのです。あとで知ったのですが、日本人のハネムーナーが多いらしいです。

ただし、今回は、それらしい人には会いませんでした。ま、シーズンじゃないのかな。

 それにしても、ホテルまでの道、ホテルばっかりです。

2018-03-2419.jpg

 開放的なエントランス。

 南国って、こういう感じなんですねー

 ちなみに、チェックインは、別室で。日本人コンシェルジュがいるんです!ただし、この方、日本人ではなくてメキシコ人。

 エディっていう彼は、日本語がすごくお上手!!

 ホテルを選ぶとき日本人スタッフは、別に必要としませんが、日本語が通じるって、気持ちも楽ですね。

 別室というのは、やはり日本人が多いんでしょうね。

2018-03-2415.jpg

 エントランスから入ると、広いロビー。

 この奥にバーコーナーがあります。

2018-03-2422.jpg

 プールの見えるバーで、ひとまず一杯。

 ちなみに、チェックインの際に、ウエルカムドリンクとして、シャンパンもいただきました。

 こちらのホテルは、オールインクルーシブ。つまり、特別なワインとか以外は、お食事も飲み物もすべて料金に含まれているってわけ!

 ホテルは、こちらのバー、日本食レストラン、スペインバル、海辺のレストラン、コーヒーショップ、24時間開いているバーとか・・・それは沢山あって、そうきたなら、全部行くぞと、いつもの癖が・・・本当に常にお腹いっぱいでした。

2018-03-2423.jpg

 そして、バーから外に出ると、こんな素敵な風景。

 こちらでもお酒を頂くことができます。

2018-03-251.jpg

 お部屋の前はプール。

 

2018-03-254.jpg

 そして、プライベートビーチへと続きます。

 

2018-03-252.jpg

 どこまでも続く白い砂浜。

2018-03-253.jpg

 透き通るような美しい海

 一日に何度も、海の色が変わるのです。

 そして、波は荒い・・・流されてしまいそう。

 素晴らしいカンクンの思い出。

 レストランも紹介していきますね。

 

 

 

<< 前の記事 次の記事 >>

荒川裕子

荒川裕子
名古屋を中心に活動する会社員。オンは“鉄の女”と化し、オフは弾丸海外旅行、好きなワイン、花を中心に楽しむ。時にオヤジのごとく呑兵衛となる。オンオフを全力で楽しむ様子を、人生のテーマである「エレガント」目線で綴ります。

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る