オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
バリキャリOL裕子の“仕事もオフも120%”

うらけんさんチーズの実演と雨ちゃんの秋の食卓

2017年9月18日 10:00 | コメント(0)

2017-09-014.jpg
 
 雨ちゃん主催のチーズ会(過去記事翌週もチーズとワイン@とりこころ春のマリアージュ 大人のお茶会)、過去にもいろいろ出席させていただきました。
 とりこころさんで、開催さいた九州のチーズ会にて、ご相伴させていただいたチーズ、由布院の浦田さんが、この名古屋にいらっしゃるそう!
 すご~い!!
 しかもチーズの制作過程を実演してくださるそうです。
 雨ちゃんからお誘いいただき、二つ返事で参加しました。
 
 さて、上の写真、浦田さん、通称うらけんさんのチーズのラインナップ。
 ケーキみたいに美しい!!
 

2017-09-01.jpg

 
 
 
 うらけんさんこと浦田謙治郎さんは、九州、由布院で、2001年にチーズ工房を始めたそうです。
  酪農家を辞め。大手にはできない手間暇かけたチーズ作りに取り組んでいます。
 ナチュラルチーズコンテストでは、2回優秀賞を受賞しているとか。
 情熱をかけたチーズ作りに、これまた情熱家の雨ちゃんがオファーして、この回は成立したみたいです。
 うらけんさんのチーズと、雨ちゃんの作る和食のコラボ。
 最高です!
 
 さて、うらけんさんのチーズ作りのはじまり~
 ミルクを温めていきます。
 
2017-09-013.jpg そして、乳酸菌だったか・・加えると、プルプルに固まってきます。
 
2017-09-015.jpg
 そうしているうちに、水分が出てきて・・・
 
2017-09-016.jpg
 そして、プルプルのチーズができあがり~
 この出来立てチーズ、削りたてのカツオ節とお醤油でいただきます。
 ん、なんかお豆腐みたい!
 
2017-09-011.jpg
 今回のチーズのレシピ。
 いつも雨ちゃんのテキストは、完璧です!
 
2017-09-018.jpg
 今回は、うらけんさんのチーズと雨ちゃんの作る秋の和食ですが、それにワインもペアリングしてくださいました。
 なんと、特別に「さぬきのワイン」が登場!
 濃厚な赤でありながら、フルーティー。
 うらけんさんのフレッシュなチーズに合います。
 
2017-09-0111.jpg
 ワインは、イタリアワイン。
 最初の白はピノネロです。
 
2017-09-0110.jpg
 チーズとともに頂いた雨ちゃん特製のちらし寿司。
 
2017-09-019.JPG
これ、由布院工房のチーズラインナップです。
右上は、出来立てチーズ。
左上は、紫蘇でつつんだなっちというチーズ。このチーズ、和風ぽくて、美味しいです。
 
2017-09-0114.jpg
 こちらは、出汁巻き卵にかけたアーシャンというチーズ。
 ふわっとした口溶け。ワイン、リースリングで合わせます。
 
2017-09-0112.jpg
 おかめわかめ・青大豆・ダイコンのお浸し。
 リコッタ・リオぺぺロニとともに頂きます。
 ワインは、辛口のロゼで。
 
2017-09-0113.jpg
 けんとん豚の角煮・鶏の半熟味玉、塩じゃがと。
 マットネ・ロッソというチーズと一緒に、頂くワインは、キャンティです。
 
2017-09-0115.jpg
 最後に、デザートとともにいただいたフルーツ味のチーズ。
 
 濃厚すぎず、和を感じるチーズのそれぞれ。
 うらけんさんの情熱の賜物と感じます。
 
 なんだか、いつもの飲んべえになってしまい、チーズの説明があやふやですみませんー
 しかしチーズ好きの皆さんの見る目は、すごく情熱的でした!
 雨ちゃん、今回も有難う!!
 
 うらけんさんの由布院チーズ工房のHP⇒https://www.yufuincheese.com/
 
 雨ちゃんのFBのアドレス⇒https://ja-jp.facebook.com/hiromi.ameda
 
<< 前の記事 次の記事 >>

荒川裕子

荒川裕子
名古屋を中心に活動する会社員。オンは“鉄の女”と化し、オフは弾丸海外旅行、好きなワイン、花を中心に楽しむ。時にオヤジのごとく呑兵衛となる。オンオフを全力で楽しむ様子を、人生のテーマである「エレガント」目線で綴ります。

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る