オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
バリキャリOL裕子の“仕事もオフも120%”

シティのリッツ・カールトン

2017年1月18日 10:00 | コメント(0)

1-2017-01-0117.jpg
 バリ島のデンパザールから飛行機に乗って、ジャカルタに着きました。
 帰りは、昼間のフライトだったせいか、往路のように寒くありませんでした。ほっ!
 日本へ帰る飛行機の乗り継ぎが中途半端な時間なので、私はジャカルタで1泊することにしました。
 一度、ジャカルタの街も見て見たかったのです。

 翌日のジャカルタ発の時間は、かなり早いのです。
 ですから空港近くのホテルが良いのか悩みましたが、せっかくここまで来たのだから・・・と、ジャカルタ市内のリッツに泊まってみることにしました。
 バリでは、リゾートのリッツ、こちらはシティのリッツです。
 
 ジャカルタの空港から市内までは、車しか移動手段がなく、交通渋滞がかなりひどいと、ネットなどの情報にはあります。
 空港からタクシーに乗ったのですが、確かに車が多い!
 ただ、まあ何とか普通に走っていたように感じます。
 ホテルまでは、1時間くらいでしょうか・・・
 ホテルの入口で、車もセキュリティチェック、そして、ホテルに入る際に、荷物と私もセキュリティチェックを受けます。
 何とも厳重な・・・ふらふらと出かけにくい雰囲気です。

1-2017-01-0118.jpg
 ジャカルタの街は、何とも味気ない。
 ビジネスオンリーで、観光客はバリの方へ行ってしまうのも頷けます。
 
 でも、このパシフィックトプレイス界隈は、さすがに都会です。
 エレベーターで21階まで行き、チェックイン。
 チェックインの際に、いろいろお話をしました。受付の方も、ホスピタリティに抜群です。
 私が申し込みの際に、喫煙の欄にチェックが入っていることに気づかず申し込んだようです。
 ホテルの予約票には、お部屋番号も記載されていたのですが、私が、禁煙の旨を伝えたので、すぐに変更してくれました。
 そんなわけで、少々ラウンジで待つことに。

1-2017-01-0119.jpg
 こちらのリッツも、1日に5回の食事のサービスがあります。
 しかし、私は、明日の朝早い出発なので、夜のみとなります。
 ジャカルタでリッツを選んだのも、たぶん外ではお食事をしないだろう・・という予想のもと。
 早速、白ワインをいただきました。

1-2017-01-0120.jpg
 お料理が次々と並べられていきます。
 でもねー、ここも意外と食べるものがないのです。

1-2017-01-0121.jpg
 お寿司もありました。
 海老と穴子?と思ったのですが、穴子らしきものは、揚げでした。

1-2017-01-0123.jpg
 これは、ラウンジにあるクッキーとキャンディのボックス。
 いつでも頂けます。

1-2017-01-0122.jpg
 ラウンジのソファーです。
 思っていたより天井が低いので、一見こじんまりとした印象ですが、まあまあの広さがあります。
 ただ、こちらのホテルは、イスラム風、東洋風な豪華さのような・・・ちょっと雰囲気が違うのですね。

 
1-2017-01-0124.jpg
 このホテルは、ガラス張りの立派なビルですが、ホテルは、21階からの一部で、上層階は、レジデンスとなっているそうです。
 そのせいか、不思議なんですが、レセプションの奥にこのソファーの広間があり、ドアを開けると、ホテルのお部屋が並んでいました。
 ちなみに、このホテルは、全室ラウンジ利用ということです。
 客室もさほど多くないのか、ホテルですが、日本の旅館のような雰囲気を感じてしまったワタクシです。。。

1-2017-01-0126.jpg
 そうこうしている間に、外はすっかり日が暮れて・・・ジャカルタの夜景もなかなかです。


 「リッツ・カールトン・マーケットプレイス」
http://www.ritzcarlton.com/jp/hotels/indonesia/jakartapacificplace
 
<< 前の記事 次の記事 >>

荒川裕子

荒川裕子
名古屋を中心に活動する会社員。オンは“鉄の女”と化し、オフは弾丸海外旅行、好きなワイン、花を中心に楽しむ。時にオヤジのごとく呑兵衛となる。オンオフを全力で楽しむ様子を、人生のテーマである「エレガント」目線で綴ります。

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る