オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
バリキャリOL裕子の“仕事もオフも120%”

南の楽園「ザ・リッツカールトン・バリ」

2017年1月 7日 10:00 | コメント(4)

1-2016-12-311.jpg
 成田からジャカルタ、ジャカルタでガルーダ・インドネシア航空の国内線に乗り換え、やっとバリへ。
 もう!ガルーダの機内が寒くって・・・
 ここは南国なので、暑いと思って、着てきたジャケット類も、乗り換えの際に、スーツケースに入れちゃったので・・・ブランケットお借りしても、足りない寒さでした。
 空港からは、事前にリッツに問い合わせ、お願いしていたホテルの車が迎えにきてくれていました。
 普段ならタクシーに乗るところですが、ここは初めての土地。しかも深夜、一人だし・・・用心したのです。さすがに、リッツの車は、親切。
 ヌサドゥア地区までの道のりは、暗くって、心細くなるところでしたので、車頼んでおいてよかったです。
 さて、このリッツ・カールトン、以前、ジンバラン地区にあったのだそうですが、いろいろもめ事があって、ここヌサドゥア地区に2015年にオープン。
 まだ新しいホテルだけに、興味深々でした。

 車は、セキュリティチェックを受けて、エントランスへ。
 私の荷物も、ホテルのセキュリティレーンを通って、チェックイン。

 
1-2016-12-313.jpg
 夜は暗くって、雰囲気がつかめませんでしたが、お昼に見ると、明るく開放された空間。

1-2016-12-312.jpg
 こちらは、エントランスから向かって、海側を臨んだロビー。

1-2016-12-314.jpg
 こちらは、左手のモニュメント。
 
1-2017-01-011.jpg
 そして、窓からは、リッツカールトンのヴィラやホテル、そしてプライベートビーチまで望めます。

1-2016-12-315.jpg
 ホテルは高台にあるので、いくつかの建物を抜けて、庭園へと続きます。

1-2016-12-319.jpg
 渡り廊下を抜けて。

1-2016-12-318.jpg
 眼前には、緑の木々とアジアらしい灯篭。

1-2016-12-316.jpg
 庭園内は、このようなバギーが走っており、これに乗せてもらって移動します。
 風が心地よい、ゴルフのカートみたいな感じです。
 ただ、私は、これに乗るより、散歩を兼ねて、園内を歩いていました。

1-2017-01-014.jpg
 庭園内、先ほどのロビー方向を臨みます。

1-2016-12-3110.jpg
 ホテル内は、沢山の人が働いていました。
 皆、明るく声をかけてくれます。さすが、リッツと思わずにいられません。

1-2016-12-3111.jpg
 沢山のお花が咲いていました。
 ピンクのプルメリアがまた南国らしい!

1-2017-01-01.jpg
 海側まで歩くとプールがあります。
 さらに海側は、ファミリープール。

1-2017-01-013.jpg
 その先は、贅沢なほどにどこまでも続くビーチ。
 リッツのプライベートビーチなんて、なんて贅沢なんでしょう!
 着いた翌日は、雨模様でしたが、1日、元旦は、見事な快晴。
 南国というものの、そよ吹く風が心地よく、暑さより、冷房のせいか、ずーっと寒かったです、私。
 さて、ざっとリッツの概要をお伝えしました。

 紳士淑女をおもてなしする私たちも紳士淑女というリッツのコンセプト。
 これから綴ってまりますので、ご覧くださいね!
<< 前の記事 次の記事 >>

荒川裕子

荒川裕子
名古屋を中心に活動する会社員。オンは“鉄の女”と化し、オフは弾丸海外旅行、好きなワイン、花を中心に楽しむ。時にオヤジのごとく呑兵衛となる。オンオフを全力で楽しむ様子を、人生のテーマである「エレガント」目線で綴ります。

Comment コメント

chitentai 2017年1月 8日 21:48

素敵なホテルですね~!バリは行ったことがないので行ってみたくなりました!

SHI 2017年1月10日 15:16

わ~~、さすがリッツカールトン!!ってかんじですね☆
わざわざ観光に出なくても、ホテル内+プライベートビーチだけで、バリを大満喫できちゃいそう(笑)
いつかバリに行ける日を夢見て・・・参考にさせていただきます♪

荒川裕子 2017年1月10日 22:49

chitentaiさん、有難うございます。
私もバリは、初めてでした。
バリは、ホテルが沢山あって、どれを選べばよいか迷いました。
しかし、年末年始は、バリで過ごす人も多いみたいで、結構一杯だったのですよー
リッツは、やはり良いですね♪

荒川裕子 2017年1月10日 22:53

SHIさん、有難うございます。
このリッツは、ホテル全体がちょっとした村のようでした。
プールもスパもジムもあって、のーんびり過ごすことをお勧めします。
こういう贅沢な過ごし方、日本人はできないのよねー
私など、いつもセカセカしてるもので・・・本でも読もうと思って持って行ったけど、結局1ページしか読んでなかったです(笑)

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る