オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
ニュース 中日新聞ニュース

岡崎市「オトリバーサイドテラス」に名城大生考案のプロジェクションマッピング

12月22日から25日まで

建物に投影されるプロジェクションマッピング
建物に投影されるプロジェクションマッピング

 名鉄東岡崎駅前に新たに建設された商業施設「オトリバーサイドテラス」(愛知県岡崎市上明大寺町)の回廊テラスに、名城大(名古屋市天白区)の学生が考案したプロジェクションマッピングが22~25日まで上映される。18日夕には学生らを交えたリハーサルがあった。

 施設を管理運営する東岡崎駅北東街区複合施設が初めて企画。以前から地下鉄や学内などでプロジェクションマッピングに取り組んできた実績がある名城大建築学科の三浦研究室が協力した。

 構成は研究室の3、4年生10人が考案。乙川沿いにある建物を生かした水の流れをイメージした落ち着いた雰囲気の映像や雪だるま、プレゼントなどクリスマスの時期を意識したカラフルな映像などを15分間にまとめた。3年生の柴田葉月さん(21)は「子どもも大人も楽しんでもらえるよう工夫した」と話す。

プロジェクションマッピングを映しながら、本番に向け話し会う名城大の学生ら=いずれも愛知県岡崎市上明大寺町のオトリバーサイドテラスで
プロジェクションマッピングを映しながら、本番に向け話し会う名城大の学生ら=いずれも愛知県岡崎市上明大寺町のオトリバーサイドテラスで

 リハーサルでは実際に建物に投影。本番に向け、学生らが真剣に話し合いながら手順などを確認した。

 上映は午後5~7時。3年生の坂本佳穂さん(20)は「オトリバーサイドの建物に映像を投影することで、空間への感じ方も変わるはず。通り掛かった人にとって新鮮な体験になれば」と話す。 (細谷真里)

(2019年12月19日)



関連記事
・岡崎市のマンホールカードに「ルネガール」
・ゾウの"ふん"で合格だ!岡崎市東公園動物園で限定配布
・岡崎市の花火大会、2020年は9月に開催 五輪の影響で
・愛知県の聖火リレー詳細 ランナーとルートを発表

<< 前の記事 次の記事 >>

News 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る