オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
ニュース 中日新聞ニュース

清洲城サクライルミはじまる

城周辺を10万球の電飾で彩る

ピンク色の電球で彩られた桜の木=愛知県清須市の清洲城周辺で
ピンク色の電球で彩られた桜の木=愛知県清須市の清洲城周辺で

 愛知県清須市の清洲城周辺を色鮮やかな電飾で彩る「清洲城サクライルミ」が12月14日、城周辺で始まる。28日まで。

 市内を中心に約100社から協賛金を募り、市商工会青年部が初めて企画。満開の桜をイメージして城周辺の遊歩道に植わる桜の木をピンク色の電飾で彩るほか、五条川に架かる大手橋には発光ダイオード(LED)のあんどんを置くなど約10万球の電飾で幻想的な雰囲気を演出する。14日には、清洲ふるさとのやかたで点灯式があり、地元の清洲東小ブラスバンド部の演奏などで会場を盛り上げる。

 今後も毎年開催する予定で、城の来場者増加を狙い、「冬の風物詩になれば」と願う。青年部の松岡繁知部長(41)は「人が集まることができる場所を創出し、清須に欠かせないイベントにしていきたい」と来場を呼び掛けている。

 毎日午後5~10時まで点灯する。点灯式は午後5時から、雨天時は内容を一部変更する。市商工会=052(400)3008

(牧野良実)

(2019年12月15日)

おすすめ記事
・鈴鹿市・菅原神社の鳥居しめ縄、なぜ低い?
・空腹時に甘い物欲する脳の仕組み、岡崎の生理学研究所が解明
・豊橋カレーうどん、類似品に困惑
・江南駅近くの"激安コロッケ" 地元で人気の老舗店
・愛知の危ない交差点、名古屋がワースト5を独占

<< 前の記事 次の記事 >>

News 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る