オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
ニュース 中日新聞ニュース

HIV無料検査を実施 津、四日市、松阪

進行後の診断が全国より高い三重県 早期発見を呼びかけ

 12月1日の「世界エイズデー」に合わせ、三重県は津、四日市、松阪の各市で臨時エイズウイルス(HIV)検査を実施する。県内では病気が進行してから診断される人の割合が全国に比べて高く、県は検査での早期発見を呼び掛けている。

 県薬務感染症対策課によると、県内で昨年新たに報告されたHIV感染者とエイズ患者数は計14件。うち、すでにエイズを発症していた患者の割合は50%で、全国の割合(28.6%)に比べて高かった。

 エイズはかつて治療が難しい病気とされていたが、近年の医学の進歩でHIV感染を早く知り、適切な医療を受けられれば、感染前とほぼ変わらない生活を続けることもできる。HIV感染は血液検査で分かる。

 臨時検査は、津保健所(同市桜橋3)で12月3日午後3時から4時半、四日市市保健所(同市諏訪町)で4日午後5時半から7時、松阪保健所(同市高町)で10日午後1時から3時まで。無料で予約不要。匿名で受けられる。津では、検査後30分程度で結果が確認でき、ほかの2カ所は1週間程度で結果が出る。

 県の担当者は「たくさんの人に検査を受けていただき、早期発見につなげてほしい」と呼び掛けている。(熊崎未奈)

(2019年11月27日)

<< 前の記事 次の記事 >>

News 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る