オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
ニュース 中日新聞ニュース

豊橋の「おでんしゃ」 走る屋台で一杯いかが

11月8日から運行開始

屋台風に飾った車内でおでんやビールを楽しむ人たち=愛知県豊橋市内で
屋台風に飾った車内でおでんやビールを楽しむ人たち=愛知県豊橋市内で

 寒さ厳しくなる冬は「走る屋台」で一杯いかが-。愛知県豊橋市で5日夜、屋台風に飾った車内で地元産のおでんやビールを楽しめる路面電車「おでんしゃ」の関係者向け試乗会があった。一般向けの運行は8日から。

 市民らに親しまれている冬の風物詩で、今年で13年目。豊橋駅を出発し、往復約9.4キロを約1時間20分かけて運行する。1日1~2便で、団体貸し切り(28人)は税込み11万円、個人は4300円。例年と同じくの人気ぶりで、年内の予約はほぼ埋まっている。

 訪れた同市牛川町の会社員の女性(23)は「通勤で使っている路面電車で飲むお酒は楽しい。最高ですね」と楽しんでいた。今季の運行は年末年始を除き来年2月24日まで。来年1月5日からの予約は12月4日から受け付ける。 (酒井博章)

(2019年11月6日)

<< 前の記事 次の記事 >>

News 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る