オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
ニュース 中日新聞ニュース

おいらん道中や大道芸が大須を彩る

「大須大道町人祭」  20日まで

美しい着物を着て、商店街を練り歩く「おいらん道中」=名古屋市中区で
美しい着物を着て、商店街を練り歩く「おいらん道中」=名古屋市中区で

 大須の町をにぎやかに彩る「大須大道町人祭」(中日新聞社後援)の本祭が19日、名古屋市中区の大須商店街一帯で、2日間の日程で始まった。華やかな衣装に身を包んだおいらんが町中を練り歩く「おいらん道中」、全国から集まった大道芸人のパントマイムやジャグリングに、来場者の注目が集まっていた。

 大須の町の活性化につなげようと、1978(昭和53)年に若手商店主の手で始まった。42回目となる今回は大道芸人45組、250人が参加するほか、18組のおいらん道中が祭りに花を添える。実行委員長を務める井上誠さん(41)は「町人の思いが詰まった祭りになった。ぜひ遊びに来て」と話した。

 20日は午前11時~午後7時ごろの予定で、大須商店街の特設ホームページで詳細を確認できる。(問)大須商店街連盟=052(261)2287

(2019年10月20日)

<< 前の記事 次の記事 >>

News 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る