オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
ニュース 中日新聞ニュース

『灯りの城下町』を歩こう 12~14日に伊賀市でイベント

コンサートや寄席、生け花展も

「灯りの城下町」で路地などを彩るあんどんや和傘=三重県伊賀市上野東町で
「灯りの城下町」で路地などを彩るあんどんや和傘=三重県伊賀市上野東町で

 三重県伊賀市中心部を光で彩るイベント「伊賀上野 灯(あか)りの城下町」が12~14日、市内各地で開かれる。あんどんや和傘などを使った1400個の明かりがともされ、コンサートや寄席も予定している。担当者は「普段と違う雰囲気の中、秋夜の街歩きを楽しんでほしい」と来場を呼び掛けている。(河野晴気)

 初日は午後5時半から、まちやガーデン伊賀前(上野農人町)で、市内で活動する「ハッピーフレンズオーケストラ」の演奏に続き、点灯式を行う。小学生以下の子ども300人には光るブレスレットをプレゼントする。午後7時からは上野天神宮で「天神寄席」(入場無料)がある。

 「灯りと華のプロムナード」として、赤井家住宅、沖森邸、入交家住宅、蓑虫庵、旧小田小学校本館に、生け花作家の作品を並べてライトアップする。期間内に全ての施設を回ると景品がもらえるスタンプラリーを実施する。これらの周辺では、11~20日に食堂やバーなど25店舗を巡って、特別メニューが飲食できる「城下町バル」を開催。6枚つづりのチケットは3000円(税込み)で、使い切れなかった場合も27日までは金券として利用できる。

 上野商工会議所や伊賀上野観光協会、市文化都市協会でつくる実施委が主催し、今年で11回目。(問)上野商工会議所=0595(21)0527

(2019年10月6日)

<< 前の記事 次の記事 >>

News 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る