オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
ニュース 中日新聞ニュース

イオン、食と健康をテーマに

東海初 北区上飯田店、2021年に刷新

食と健康をテーマにした店に生まれ変わるイオン上飯田店=名古屋市北区で
食と健康をテーマにした店に生まれ変わるイオン上飯田店=名古屋市北区で

 総合スーパーを展開するイオンリテール(千葉市)は、名古屋市北区の「イオン上飯田店」を、食と健康をテーマにした新業態店に刷新する。主要顧客層であるシニア向けサービスを強化する狙いで、2020年春から休業し、建て替えた上で21年中にオープンする。こうした業態の店舗は同社としては東海地方初となる。

 上飯田店は比較的中高年の利用が多く、これまでも健康関連のイベントを開くなどして誘客に注力。こうした試みが好評だったことに加え、さらに店舗としての魅力を向上させようと、競合が激しい衣類の売り場を縮小する代わりに食品と健康関連の売り場を拡充することにした。

 新たな店の詳細は未定としているが、病気の予防に役立つ商品の販売や体験型のサービスを提供する計画。来店客がくつろげるスペースも設け、近隣住民の生活拠点としての機能を重視する。

 同店は1973年に「ダイエー上飯田店」として開店し、15年にイオンリテールが引き継いだ。敷地面積は3万2000平方メートルあり、店舗は3階建て、売り場面積は1万2000平方メートルある。開店から46年がたって老朽化も進んでいた。

 工事期間中、社員とパート・アルバイト約240人は近くの店舗への配置換えで対応する。(西山輝一)

(2019年8月16日)

<< 前の記事 次の記事 >>

News 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る