オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
ニュース 中日新聞ニュース

インパクト大な名古屋の手土産

インスタ映えも意識した商品続々

金色を使うなど名古屋をイメージした土産=名古屋・名駅のジェイアール名古屋高島屋で
金色を使うなど名古屋をイメージした土産=名古屋・名駅のジェイアール名古屋高島屋で

 名古屋市内の各百貨店がお盆休みに帰省する人向けに、さまざまな手土産をそろえている。手羽先味や小倉味などの菓子のほか、ナナちゃん人形をあしらった商品など、名古屋を強く印象付ける品が人気を集めている。

 ジェイアール名古屋高島屋は、和洋菓子売り場で手羽先味の柿の種、小倉トースト風のもなかなどをそろえる。

 最近はクッキーの空き缶を弁当箱や小物入れにして、写真共有アプリ「インスタグラム」に投稿するのも人気。これをヒントに、徳川家康の絵をあしらった金色の缶入りのえびせんべいや、名古屋市北区の老舗喫茶店「カフェタナカ」のリボン付きのクッキー缶も並ぶ。広報担当者は「見た目のインパクトがあったり、話のネタになったりする商品が人気」と話す。

ナナちゃん人形をあしらった和洋菓子=名駅の名鉄百貨店本店で
ナナちゃん人形をあしらった和洋菓子=名駅の名鉄百貨店本店で

 ナナちゃん人形を表面やパッケージにあしらった千なりや、あんまき、ロールケーキなど11種類をそろえるのは名鉄百貨店本店。担当者は「名古屋には身長6.1メートルものマネキン人形があることを、帰省先で話題にしてほしい」と話す。

 栄地区の松坂屋名古屋店では、名古屋城の金シャチにちなんだ金色のパッケージのみそせんべい、チーズケーキ、豆菓子などを販売する。名古屋三越栄店は、お盆に名古屋に帰省する人たちに着目。家族そろっての食事用に、焼き肉用の和牛、手巻きずし用の魚の盛り合わせなどをそろえる。(西山輝一、西川聡史)

(2019年8月9日)

<< 前の記事 次の記事 >>

News 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る