オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
ニュース 中日新聞ニュース

五輪チケット、救済の追加抽選・販売へ

8月8日に公式サイトで受け付け開始

表

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は30日、五輪チケット販売の1次抽選で1枚も当たらなかった416万人が対象となる追加抽選の受け付けを8月8日に開始すると発表した。インターネット上の公式販売サイトで19日まで受け付ける。全33競技のうち20競技(25種)、170セッション(時間帯)で計68万枚余りが販売される。結果発表は9月11日。

 組織委は5月の1次抽選には約512万人が申し込み、1枚でも当たったのは約96万人と明らかにした。大量の落選者を救済するのが追加抽選の狙い。組織委の古宮正章副事務総長は記者会見で「ぜひ申し込んで、会場でアスリートに声援を送って」と語った。

 今回申し込めるのは1セッション限定で、予選の場合は6枚、決勝などメダル争いが絡むものは4枚が上限となる。1次抽選と同様に第2希望の設定も可能。販売されるセッション数が多いのはサッカー、バスケットボール、ビーチバレーやホッケーなどで、陸上や野球などはメダル争いも含まれる。

 受け付けは8日未明から19日午前11時59分まで。1次抽選で使ったIDでログインして申し込む。1次抽選で申し込まなかった人や当たった人は資格がなく、自動的に落選する。有資格者でも2セッション以上申し込んだ場合は無効となる。

 購入手続き期間は9月11日から24日午後11時59分まで。1次抽選と同じくVISAカードか、コンビニエンスストアで現金で支払う。

 今回の販売後、秋に誰でも申し込める2次抽選販売を実施する。来春には都内に販売所も設ける。パラのチケットは8月下旬に1次抽選、冬に2次抽選を予定している。

(2019年7月31日)

<< 前の記事 次の記事 >>

News 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る