オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
ニュース 中日新聞ニュース

日本縦断カレー販売の旅、一宮市で合流

出店場所等は“カレーコミュニケーション”で検索

旅をしている大久保さん(左)と近藤さん=愛知県一宮市島崎のオートバイ用品店「しゃぼん玉一宮店」で
旅をしている大久保さん(左)と近藤さん=愛知県一宮市島崎のオートバイ用品店「しゃぼん玉一宮店」で

 キッチンカーでカレーライスを移動販売しながら、日本縦断の旅を続ける愛知県豊橋市の若者2人がいる。各地で人と出会い、食材や風土を学びながら巡回。昨年8月に北海道を出発し、これまでに20道府県を訪問し、11日には尾張地方へ入った。20日まで県内に滞在する。

 2人は、豊橋市のホテルでフランス料理を学んだ大久保晃介さん(29)=同市牛川町=と、元バーテンダーの近藤和真さん(29)=同市高師町。高校時代からの友人で、来夏に旅行者向けのゲストハウスを兼ねた居酒屋を2人で豊橋市内に開業するのを前に、店舗経営に生かす経験をしようと旅を始めた。

 1皿800円(税込み)で提供するカレーは、牛すじのブイヨンベースの欧風ビーフカレー。スパイスがしっかり効いた本格派で「最初は食材の甘みとうま味を感じ、後からスパイスが効いてくる」自信作だ。豊橋特産のウズラのゆで卵もトッピングしている。

自慢の欧風カレー
自慢の欧風カレー

 11日は同県一宮市島崎のオートバイ用品店の駐車場で販売。あいにくの雨で客足は鈍かったが、昼時には出店を聞き付け、わざわざ車で訪れる人もいた。

 終着地は沖縄県で、年末に到着する予定。2人は「カレーは国民食なので、会話のきっかけとしても最適。旅を通じて多くの人と交流したい」と意気込む。

 出店場所は「カレーコミュニケーション」で検索できるツイッターなどで随時発信する。12日は愛知県春日井市如意申町の雑貨店前で、13日は同県犬山市犬山の内田防災公園で販売する。県内での出店先も募っている。(問)近藤さん=080(7695)5581 (植木創太)

(2019年7月12日)

<< 前の記事 次の記事 >>

News 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る