オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
ニュース 中日新聞ニュース

紀勢線全通60年、記念列車でGO!

7月13~15日 証明書やステッカーも

ワイドビュー南紀とハマユウをデザインしたロゴ
ワイドビュー南紀とハマユウをデザインしたロゴ

 JR東海は12日、紀勢線の全線開通60周年を記念した列車を7月13~15日に走らせると発表した。

 紀勢線は紀伊半島沿岸を走り、三重県亀山駅と和歌山市駅を結ぶ384.2キロ。1959(昭和34)年7月15日に三木里-新鹿間が通り、全線開通した。

 記念列車は4両編成で全席指定の特急。7月13日に名古屋発熊野市行き、同14日に名古屋発新宮行き、同15日に熊野市発名古屋行きを運行する。大台町の三瀬谷ダムや紀北町の銚子川などの景勝地では速度を落として運転し、車窓からの景色が楽しめる。

 列車の先頭部には、特急「ワイドビュー南紀」と沿線に自生するハマユウをデザインした記念ロゴマークが付けられる。乗車には乗車券や特急券が必要。尾鷲-熊野市間の車内で乗車証明書がもらえ、7月15日は記念ステッカーも渡される。同日午後1時半からは熊野市駅で式典を開く。

 7月14日の記念列車に乗って熊野三山(本宮、速玉、那智大社)などを巡る旅行商品も販売する。JR東海の担当者は「今年は熊野古道の世界遺産登録15周年。古道や沿線の観光スポットを巡ってほしい」と話す。 (木造康博)

(2019年6月17日)

<< 前の記事 次の記事 >>

News 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る