オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
ニュース 中日新聞ニュース

陶磁器とガラス、夏の装い

涼しげな作品200種 瀬戸で企画展

涼しげなガラス作品などが並ぶ会場=愛知県瀬戸市新世紀工芸館で
涼しげなガラス作品などが並ぶ会場=愛知県瀬戸市新世紀工芸館で

 涼を感じる陶磁器とガラス作品を集めた企画展が、愛知県瀬戸市新世紀工芸館で開かれている。7月21日まで。

 瀬戸市在住または、ゆかりのある陶芸とガラス作家26人が約200種類の作品を出展。青色のガラスに透明な水玉模様が入ったグラスや、ガラスの風鈴など、涼しげな作品が並ぶ。

 猫がスイカを頭に載せた陶器のかわいい箸置きは季節感にあふれる。青い釉薬(ゆうやく)の皿は、南国の海を思わせる透き通ったコバルトブルーがまぶしい。

 松尾剛学芸員は「ガラスが多めで、涼を感じる展示になっている」と話した。午前10時~午後6時。火曜定休。 (吉本章紀)

(2019年5月27日)

<< 前の記事 次の記事 >>

News 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る