オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
ニュース 中日新聞ニュース

サテライトオフィスで子連れ勤務OK

愛知県・東西三河両総合庁舎

ベビーサークルを設けた県西三河総合庁舎のサテライトオフィス=愛知県岡崎市で(愛知県提供)
ベビーサークルを設けた県西三河総合庁舎のサテライトオフィス=愛知県岡崎市で(愛知県提供)

 柔軟な働き方の推進につなげようと、愛知県は西三河(愛知県岡崎市)と東三河(同県豊橋市)の両総合庁舎に、職員が小学6年生までの子ども連れで勤務できるサテライトオフィスの部屋を設けた。

 勤務中に学級閉鎖などで子どもの面倒を見る人がいない場合や、三河地方から本庁舎に通勤する職員が夕方に保育園などに子どもを迎えに行った後、残務処理で利用する場合などを想定。部屋には県のシステムにアクセスできるパソコンのほか、赤ちゃん用の柵(ベビーサークル)を設けた。利用は週1回まで。

 県は出張先でメールの確認や資料の修正などができるよう2018年1月から本庁舎や東京事務所などに順次、サテライトオフィスを設けてきた。18年度の利用者が延べ411人に上るなど好評だったため、今月7日に両総合庁舎にもオフィスを新設し、子連れ勤務を可能にすることにした。

 サテライトオフィスの利用目的は従来、出張先で業務をこなす場合に限っていたが、7日からは、通勤時間を短縮するため居住地に近い庁舎で仕事をする際の利用も可能とした。県総務課の担当者は「効率的な働き方につながれば」と話している。 (立石智保)

(2019年5月16日)

<< 前の記事 次の記事 >>

News 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る