オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
ニュース 中日新聞ニュース

ミシュランガイド、初の東海版

三つ星に愛知、三重の3店

記者の質問に答える(左から)「こま田」の駒田権利さん、「右江田」の上田直季さん、「●方」の●方章司さん=14日、中部国際空港で ※●は「土の右上に点」
記者の質問に答える(左から)「こま田」の駒田権利さん、「右江田」の上田直季さん、「●方」の●方章司さん=14日、中部国際空港で ※●は「土の右上に点」

 権威あるグルメ本として知られる「ミシュランガイド愛知・岐阜・三重2019特別版」が17日に発売されるのを前に、発行元の日本ミシュランタイヤ(東京都)は14日、愛知県常滑市の中部国際空港で掲載店を発表した。東海地方版は初めてで、「なごやめし」などを提供する地元おなじみの名店も多く収録された。

 最高評価の三つ星とされたのは、名古屋市中川区のすし店「右江田(うえだ)」、同市中区の日本料理店「●方(ひじかた)」、三重県伊勢市のすし店「こま田」の3軒。二つ星は愛知9軒、岐阜3軒、三重2軒の計14軒。一つ星は計51軒だった。

 右江田の上田直季さん(47)は「頭が真っ白になった。本当にうれしい」と驚いた様子。●方の●方章司さん(58)も「これまで東京や関西から来た人に『名古屋にはうまいものがない』と言われ続けてきた。共通の評価の上に乗り、やっと東京や関西と同じ舞台に立てた」と感慨深げだった。

 このほか、価格以上の満足度が得られ5000円以下で楽しめる「ビブグルマン」102軒、ミシュランの基準を満たした「ミシュランプレート」366軒などを掲載している。

 愛知県はみそカツの「矢場とん 矢場町本店」(名古屋市)やみそ煮込みうどんの「山本屋本店 大門本店」(同)などが登場。岐阜、三重両県でも、飛騨牛や松阪牛の料理、高山ラーメンなどを提供する店が盛り込まれた。

 ミシュランガイドは料理の質や技術の高さ、独創性などを世界統一基準で専門の調査員が身分を隠して評価。日本では07年に「ミシュランガイド東京2008」が発売されて以降、大阪や京都、北海道など各地のガイドが発行されている。

※●は「土の右上に点」

(2019年5月15日)

<< 前の記事 次の記事 >>

News 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る