オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
ニュース 中日新聞ニュース

地震に備え、しっかり訓練

港区のららぽーと28日開業

地震で火災が発生したことを想定し、逃げ遅れた人をはしご車で救出する訓練=名古屋市港区港明のららぽーと名古屋みなとアクルスで
地震で火災が発生したことを想定し、逃げ遅れた人をはしご車で救出する訓練=名古屋市港区港明のららぽーと名古屋みなとアクルスで

 大型商業施設「ららぽーと名古屋みなとアクルス」の開業を前にした防災訓練が20日、名古屋市港区港明2の同施設であり、従業員約800人が災害時の避難の流れを確認した。

 ららぽーと名古屋みなとアクルスは28日に開業を予定しており、施設内の店舗の従業員が参加した。訓練では市内を震度5強の揺れが襲い、3階のテナントから出火したと想定した。

 午前10時、地震発生を知らせる館内放送が流れると、参加者はその場で身を守り、各区域の防災責任者が赤い旗を手に避難経路に沿って誘導した。

 現場には港消防署の消防隊員も駆け付け、逃げ遅れた従業員をはしご車で救出したり、一斉放水をしたりした。参加者は真剣な表情で迅速に行動していた。

 ららぽーと名古屋みなとアクルスの伊藤正彦所長は「訓練はしっかりとやり切ることができた。開業後も全力で安心安全に取り組んでいきたい」と話していた。(武藤周吉)

(2018年9月21日)

<< 前の記事 次の記事 >>

News 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る