オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
ニュース 中日新聞ニュース

愛知・稲沢駅前にアリーナ

2020年開業 豊田合成、市有地購入へ

豊田合成がアリーナを建設する計画の市有地=稲沢市下津北山1で
豊田合成がアリーナを建設する計画の市有地=稲沢市下津北山1で

 愛知県稲沢市のJR稲沢駅前の市有地に、豊田合成(清須市)が福利厚生施設としてアリーナを建設することが分かった。バレーボール国内最高峰のVプレミアリーグ男子に所属する「トレフェルサ」をはじめ、同社のスポーツチームの練習拠点や公式戦会場とするほか、地元住民らへの開放も検討する。来年の年明けにも着工し、2020年5月ごろの開業を予定する。

 豊田合成は駅前の市有地の一部1万5000平方メートルを20億2500万円で購入する。市は11日に開会する市議会6月定例会に、市有地の売却に関連する議案を上程する。

 豊田合成によると、アリーナ整備は来年6月に迎える同社の創立70周年記念事業の一環。鉄骨2階建てで、延べ約7000平方メートル。観客席3000席ほどで、同社のバレーボールやハンドボールチームなどが利用する。レストランの併設や市民らへの貸し出し、災害時の一時避難所としての開放も検討する。

 市有地は駅東のロータリーの北側で、約2万1000平方メートル。03年度に公共施設の建設を計画して市が購入したが、景気の冷え込みなどを理由に断念。08年度から、暫定的に多目的広場や無料駐輪場として整備し、市民に開放してきた。

 市はリニア中央新幹線の開通などを見据えて土地を有効活用しようと、昨年度に有識者らによる検討会を開催。2月から事業者を募り、豊田合成一社から応募があった。4月上旬に同社が提案する企画を有識者らが審査し、決定した。

 残る市有地は多目的広場や駐輪場として活用する。加藤錠司郎市長は「企業チームには一定のファンがいる。駅から直接アクセスできる立地で、交流人口の増加やにぎわい創出が期待できる」と話した。

 豊田合成の広報担当者は「ホームゲームの開催などで従業員の一体感の向上につなげるとともに、スポーツ振興などで地域社会に貢献できれば」と話している。

 (秦野ひなた)

(2018年6月5日)

<< 前の記事 次の記事 >>

News 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る