オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
ラジオDJ なりたま の大人女子の音楽ライフ

映画もやっぱりブラジルで。映画「ストリート・オーケストラ」

2016年8月17日 19:01 | コメント(0)

リオデジャネイロ・オリンピックで盛り上がる毎日。

甲子園もあるので、アスリートたちや高校球児がひたむきに頑張る姿を見て、1日に2回は泣いている夏を過ごしております。笑

さて、そんなオリンピックで世界中の人が集まっているブラジルですが、現在名古屋で公開中のブラジル映画が「ストリート・オーケストラ」notes


ストリート・オーケストラHP→ http://gaga.ne.jp/street/


ブラジルのスラムで生まれ育った子供たちが音楽と出会い、未来を切り開くことを知るというストーリー。

かつては神童と呼ばれたヴァイオリニストのラオルチだが、気づけばプレッシャーに負ける男になってしまい、サンパウロ交響音楽団の最終審査でも手が震えて演奏ができなくなってしまいます。
このままでは両親に仕送りもできず、家賃さえ払えなくなってしまったラオルチは、やむなくNGOが支援するスラム街の学校の音楽教師の仕事を引き受けヴァイオリンを教えます。

殺伐とした街中を抜け、学校にたどり着くと金網を囲っただけの空きスペースで屋根もありません。さらに、楽譜も読めず、楽器の持ち方も知らない子供たちに、座り方から教える羽目になるのでした・・・というところから、話が展開していきます。



ストリートオーケストラ.jpg




この映画は、エンオポリスという巨大なファヴェーラ(貧民街)で生まれた交響楽団の誕生物語をモデルに作られた実話です。


貧困の街で生まれ育った子供たちにとって、あまりにも厳しい現実の中生きていくのはあまりにも過酷です。日本人には想像もつかないようなことがいっぱいあるでしょう。

ちなみに、オリンピック柔道女子57キロ級で金メダルを獲得したラファエラ・シルバさんも貧民街で生まれ育った人で、彼女は社会適応のために柔道NGOに入ったそうですが、ブラジルではそういった子供たちのための教育プロジェクトが盛んに行われているそうです。


話しは映画に戻りますが、今回エキストラで生徒役を演じている子供たち。
授業中に喧嘩を始める女子生徒がいますが、これはたまたま片方の女の子が実際育った貧民街での撮影だったため、また監督が「本当のことを話せ」と言われたことで感情が激しくなり、演技を超えた思わず聞き入ってしまうシーンになっています。

一方、演奏が始まりダンスするシーンなどの子供たちの笑顔には、こちら側が嬉しくなって笑顔になってしまいます。

また、この映画では、主人公が子供たちに音楽を教えることで自分自身も見つめ直し取り戻していくというところも見どころです。


ブラジルのヒップホップなんかも聴けちゃいますよ。
ぜひ映画館でhappy01



今日のBGMnote Ainda Ha Tempo / Criolo
https://www.youtube.com/watch?v=3rUqUmJrgl8&list=PL6TbOL8ibcqGEC8Bu6vYG27R7lBEdoxJP
映画で流れるヒップホップ・アーティスト。
こちらは、今年リリースされたシングルです。



<< 前の記事 次の記事 >>

なりたま こと 成田真美

なりたま こと 成田真美
ZIP-FMミュージックナビゲーター。朝日とともに声とロックをお届けするアーリーバードDJ。音楽や映画、フェスを楽しむピースな日々を綴ります。

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る