オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
ラジオDJ なりたま の大人女子の音楽ライフ

映画「バードマン」で心にささるプライドのお話。

2015年4月13日 13:46 | コメント(0)

映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」がついに公開になりました。

私のもうひとつのブログにも、いろんな視点から楽しめる映画としてご紹介をしておりますが、、

ここでは、番組でも話していない感想をちょこっと。



バードマン.JPG



この映画には、いくつかの「プライド」が見え隠れします。

かつてヒーロー映画「バードマン」で一世風靡した今では落ち目俳優となってしまった主人公が、自分が脚色を手がけた舞台で再起をかけるというストーリー。

映画のなかに「多大な影響を世間に与える映画評論家の女性」が出てくるんですが、彼女のセリフに注目です。

要は「ハリウッド映画で演じる映画俳優」と「ブロードウェイで演技を磨く舞台俳優」、これらの違いです。映画の中でそのどちらがよいという問いかけはもちろんないのですが、これについてはアメリカはもちろん、演技を仕事としている俳優や映画界、演劇界、それぞれのプライドについて指摘しているものともとれます。


そして、批評される側とする側の想い。

脚本家とそれに従わない実力派俳優の言い分。

父親に対する反抗と孤独。

バードマンであったことの過去の栄光と現実。

SNSを利用しないことと、利用する事。



相対するプライド(ときにはエゴ)に、ストーリーにも引き込まれる作品です。


この映画、まだまだ話したいことがいっぱい。笑
ぜひ見てみてくださいね(*^_^*)



今日のBGMnote Goesttown / Madonna
https://www.youtube.com/watch?v=GgDxv0Qg_Rg
マドンナのニューアルバム「レベル・ハート」に収録。
マイケル・キートンの息子ショーン・ダグラスがこの曲に参加しています。
ショーンは、シンガーソングライターで長身&イケメンらしい・・・うふふ。

<< 前の記事 次の記事 >>

なりたま こと 成田真美

なりたま こと 成田真美
ZIP-FMミュージックナビゲーター。朝日とともに声とロックをお届けするアーリーバードDJ。音楽や映画、フェスを楽しむピースな日々を綴ります。

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る