オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
ラジオDJ なりたま の大人女子の音楽ライフ

映画「セッションズ」で考えるひとつになること。

2014年1月16日 17:14 | コメント(0)

今週末まで公開しています。
映画『セッションズ』。

この作品は実話ですshine

詩人でジャーナリストのマーク・オブライエンは幼少期のころにポリオという病気で首から下が動かせず、人工呼吸器をつけて寝たきりの生活を送っていました。
そんな中、ある取材がきっかけで障害者のセックス事情を知ります。

38歳で童貞だった主人公が愛する人と肉体的にもつながりたいと思い、セラピストに依頼をするのですが・・・


セッションズ.jpg



ということで、実話からきているこの映画。

マークさんの前向きな姿勢に、映画を見ていて自然と応援してしまいます。
おそらく実際のマークさんの周りにいた人たち、お世話をしていた人たちも、マークさんの人柄に惹かれていたのだろうなぁと思います。


で、ここでのポイントは、そんなマークさんが実際にセックスができるのかということ。

そして、本当の恋を知ったときに、マークさんの人生はどうなっていったのかということ。



いい映画ですhappy01

最初からユーモアがあって、笑えるシーンがあって、気付けばいい人がいっぱいいて、主人公が素直で弱音も吐くのに勇気があって、裸になってもイヤらしさ全くなし。

とっても爽やかな映画です。

結果、ゴールデン・グローブ賞に主人公を演じたジョン・ホークスとセラピスト役のヘレン・ハントが、アカデミー賞にヘレン・ハントがノミネートされました。
(本国では2012年の映画です。なので昨年のノミネートだったのですが残念ながら受賞は逃しました。)


どんな環境にあっても、自分の人生を変えるのは自分なんですよね。

ロマンチストさんもリアリストさんも、いろんな人に見てほしい映画です。



今日のBGMnote 殺し屋危機一髪 / SOIL&"PIMP"SESSIONSと椎名林檎
「セッション」ということでapple
ソイルは1/30にクラブクアトロでライブがあります。
生の演奏、めちゃめちゃかっこいいですよ。ぜひセッションしてください!






<< 前の記事 次の記事 >>

なりたま こと 成田真美

なりたま こと 成田真美
ZIP-FMミュージックナビゲーター。朝日とともに声とロックをお届けするアーリーバードDJ。音楽や映画、フェスを楽しむピースな日々を綴ります。

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る