オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
ラジオDJ なりたま の大人女子の音楽ライフ

作品展「淘ぐ」、さぁ「淘ぐ」って読めますか?

2013年5月31日 17:32 | コメント(0)

愛知芸術文化センター地下2階アートスペースで行われている

『淘ぐ〜書×陶×香〜』に行ってきました。


気になったのは「淘ぐ」って何て読むのか・・・


これは「よなぐ」と読みますconfident



よなぐ.jpg



淘ぐ:水の中から砂を救い上げ、金や必要なものをより分ける。


ちなみに「よなぐ」はそのままPCでうっても漢字変換されません。笑

「淘汰(とうた)」で、私は今漢字を出しています。

あとは、土砂に混ざっている砂金を水中で救い出すことを「淘金(ゆりがね)」と言うそうです。


さて、そんな「淘ぐ」を書道と陶器と香りで表現した作品展。


一部だけ撮影してきましたよcamera



歯車のように流れる.jpg



なんとこれ、陶器です。

こんな風に焼けるものなんですね・・・すごーい!


「つながる うまれる」と言葉が添えられていました。

こちらは「つながる」ほうです。

「うまれる」ほうは、書とのコラボレーションになっています。



水急不流月.jpg



こちらが、書。

めっちゃアーティスティックな書です〜。


「どんなに水が急いで流れていっても、そこに映るお月様は流れない・・・」

そんなことを表した漢字5文字。

とても深いメッセージが込められています。

ちなみに、真ん中が「不」なんですが、よーく見ると素敵なんです。



水が滴る子宮の中.jpg



おっと、水が滴っております。


このお水が下に落ちると・・・



音が聴こえる子宮.jpg



「ぽとん(ほわん ほわん ほわん ほわん)」

とってもキレイな音heart02


ここは「子宮」を表しているそうです。

書と陶と香が、一連してつながっているのが面白かったです。


ぜひ、香りや音も体感してみてください。

そして、作者さんが会場にいらっしゃいますので、作品への想いもぜひ聞いてみてください。

6/2、日曜日まで開催しています。

もちろん入場は無料ですhappy01



今日のBGMnote Counthing / Autre Ne Veut
http://www.youtube.com/watch?v=_qhHUmL0U6k
今日は愛知県美術館にも行っていました。
絵画にふれたらこの曲を聴きたくなりましたよ。
『プーシキン美術館展 フランス絵画300年』についても近々。


<< 前の記事 次の記事 >>

なりたま こと 成田真美

なりたま こと 成田真美
ZIP-FMミュージックナビゲーター。朝日とともに声とロックをお届けするアーリーバードDJ。音楽や映画、フェスを楽しむピースな日々を綴ります。

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る