オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
ラジオDJ なりたま の大人女子の音楽ライフ

フレンチのお店『カルナバル』

2012年9月10日 12:07 | コメント(0)

矢場町にあるフレンチレストラン『Carnaval』に行ってきましたopicon_cutlery


フレンチと言っても、ポイントは「地方料理」であるということ。


あまりにも素敵なお店だったのでブログに載せるか迷いました。笑

でも、私が住んでいたフランスのことも思い出したので、ぜひみなさんにも知ってほしかったんです。



カルナバルの前菜.jpg




前菜5種盛り。

一番右は、ナスのムースだったんですが、クリーミーで美味heart04

ビールで乾杯したものの、やはりワインがほしくなり・・・



ミュスカデセーヴルエメーヌ2011.jpg



"ミュスカデ セーヴル エ メーヌ"というフランスのロワール川河口で作られるワイン。

マスカットの爽やかな香りで辛口スッキリなので、とても飲みやすいですopicon_kirakira3

普通に手に入るお手頃ワインなので、おうちで女子会するときや、好きな人に振る舞うゴハンのときに飲むのにもピッタリだと思います。



カルナバルのガレット.jpg



ブルターニュ地方の郷土料理『ガレット』です。

そば粉を使ったクレープで、シンプルなハムと卵のガレットが一般的ですし一番美味しいと思います。(もちろん、キノコなど入ったものも美味しいですし、スイーツガレットもたくさんあります。)


フランスのブルターニュ地方に旅行に行ったときに、ガレットのお店が並ぶ通りがあって、そこでランチしました。

向こうでは、シードル(りんごのお酒)を飲みながらガレットをいただくんですが、これが相性バッチリで美味しいapple

デザートに食べたバター&シュガーのガレットもめちゃめちゃ美味しかったです。



カルナバルのカスレ.jpg



そして、メインは『カスレ』

フランス南西部の郷土料理ですが、実際はパリでもどこでも食べられる料理で、私は一番好きなフランス料理です。

ソーセージや鴨、豚肉などと白インゲン豆を土鍋で煮込んでいます。


お肉は軟らかく、ソーセージもジューシーで、しかも優しいお味なんです。


幸せすぎます・・・heart01




日本と一緒で、フランスも地域によっての文化や歴史があって、言葉も方言があるし、山にも海にも恵まれていて、なんといっても食べ物が抱負で食べ方も様々。

共通するところが多いな、と感じたのがフランスに住んでいたときに強く思ったことでした。


フランスといえば高級食材が有名かもしれませんが、郷土料理もとっても美味しいしフランス文化がわかるので、機会があればぜひ食べてみてくださいねhappy01



今日のBGMnote L'envie et le Dedain, Le Clip / Tete
フランス人ミュージシャンのテテ。
実は昨年名古屋にも来ています。
ぜひYouTubeサーフィンしてみてくださいね。
http://www.youtube.com/watch?v=JR_jVpW_tEw&feature=related

<< 前の記事 次の記事 >>

なりたま こと 成田真美

なりたま こと 成田真美
ZIP-FMミュージックナビゲーター。朝日とともに声とロックをお届けするアーリーバードDJ。音楽や映画、フェスを楽しむピースな日々を綴ります。

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る