オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
不良人妻なおみの今夜も朝帰り

超予約困難な山へ登山!今回は「晴山」で鮑うどん!!

2016年8月20日 13:00 | コメント(0)

7月の中頃のことです。やっと行けました!三田にある超予約困難な和食「晴山」さん!!

そしてこれが、夢にまで見た夏のスペシャリテ、晴山の「鮑うどん」です

7.22晴山1.jpg
殻の下には冷たいシコシコうどん。その上には柔らか〜い鮑と鮑肝そして雲丹。芽ネギも絡めながら、よ〜く混ぜ混ぜして口に運ぶと...

7.22晴山2.jpg
♪───O(≧∇≦)O────♪キター何コレ♡口の中が夏の海だじょ!混ぜると、肝と雲丹のマリアージュがたまらーんのです♡

お箸の先がゆがむほど、最後の一滴まで舐め尽しました(*^^)v

こんなの食べたら、体がとろけちゃうワ。

そんな、ずっと行きたいと思っていた晴山のそのほかのお料理は・・・

さいしょのおくちどり(?)からドーン☆と柔らかいお肉

7.22晴山3.jpg
毛ガニのお椀。このお出汁を一口飲んだだけで、もう悶絶(笑)カニたっぷり

7.22晴山4.jpg
お造り

7.22晴山5.jpg
こちらが大将。想像より若くてさわやか!岐阜のたか田八祥出身だそうです。東海地区に縁のある方で更に嬉しい

7.22晴山6.jpg
鮎・トウモロコシ・上に見えるのはゴボウです

7.22晴山7.jpg
絶妙な火入れのきんめさん(だったかな?)

7.22晴山8.jpg
なんと美しき鱧たち。にしても、鱧切りのシャシャシャ音って、心が落ち着きますよね。

7.22晴山9.jpg
↑でも胃袋は、早く~と叫びまくってましたが...


鱧鍋には玉ねぎとドンコたっぷり。そこに、カリカリに揚げた鱧を入れると・・・

7.22晴山10.jpg
「ジャー」とすごい音と泡。そして、香ばしい鱧の香たっぷりの鱧鍋となるのです。ん~楽しい


鍋には雑炊、鱧雑炊。

7.22晴山11.jpg
でも、これが締めじゃないもんね~♡

本当の〆はこちら。ローストビーフ丼!子の木の目と新れんこんの香りが最高~

7.22晴山12.jpg
ご飯はおかわりOK!

優しい大将が「もう一杯いかがですか」なんて勧めてくれちゃうから♡おもわず3杯目のお茶椀も差し出した、わ た し♡♡♡

7.22晴山13.jpg
でも、さすがに3杯目は、視線がいたかったぞよ~(/ω\)



日本の料理は、季節感があるところもいいですよね。

今回も、熱い料理食べようが冷たい料理を食べようが、とにかく説明なしに、口の中に日本の夏を感じるのはなぜかしら?

そんなこんなで、やっと登れた晴山。

しかしこの山も、遠くで見ていた時は憧れで済んでいたのですが、一度登ってしまうと・・・・なんと罪作り。

もっと他の季節にも登りたくなるジャマイカ〜っ!

次は晴山に冬登山したい。

「噂の蟹まみれコロッケを食べてみたいじょ〜(=゚ω゚)ノ 」

↑と、久しぶりに吠えてみました。つづく(〆のローストビーフごはんは、さらに子供たちの分もいただき、お土産で持って帰った事は、内緒・内緒♡)

7.22晴山14.jpg
ご一緒していただいた東京の皆様。本当に、本当にありがとうございました!

今回のお店はコチラ↓

晴山
03-3451-8320
東京都港区三田2-17-29 グランデ三田 B1F
http://tabelog.com/tokyo/A1314/A131402/13127807/


<< 前の記事 次の記事 >>

不良人妻なおみ

不良人妻なおみ
日比野メディカルスキンラボ代表
薬剤師で熱血エステサロン経営者、二児の教育ママ、そしてこよなく食べること愛する大食い自慢の51歳!元祖不良人妻 丹羽直美の型破り名古屋ライフ。

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る