オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
映画パーソナリティー☆松岡ひとみのシネマレポート!

松重豊主演「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」」 知られざる男の妊活を描くヒューマンドラマ

2019年10月 4日 10:00 | コメント(0)

「男性の不妊治療」というセンシティブなテーマですが、

主人公の「ヒキタさん」を演じる松重豊さんとその妻を演じた北川景子さんの夫婦がとてもチャーミング♪

温かい視点で描く物語は、いっぱい笑って、泣ける夫婦のラブストーリーとしてとても楽しめる作品です。

640.jpg

(C)2019「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」製作委員会

ヒキタクニオ49歳、職業は人気作家。一回り以上離れたウェブ制作会社のディレクター、サチと結婚し仲良く暮らしていて、

年の差婚の二人は子どもは作らずともに白髪になるまで夫婦生活を営むつもりでしたが、ある日サチが「ヒキタさんの子どもに会いたい」と言いだし、

そこから二人の妊活がはじまります。

年の割には見た目も若く、体力にも自信があったヒキタさん。しかし彼の精子は老化現象を起こしていたのでした。

 

 

本作のアイディアは、数々のヒット作を生み出してきた映画プロデューサー前田浩子さんが、テレビのニュースで男性の更年期障害の特集を見たところから始まったそうです。

女性の更年期障害は知られていても男性の更年期はあまり知られていません。

色々調べていくうちに、加齢による男性の不妊も少なくないことを知ったそうです。そして本作の原作となった「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」と言う一冊のエッセイ本と巡り会うことに。

映画「凶気の桜」の原作者としても知られる小説家、イラストレーターのヒキタクニオさんの実体験を綴ったエッセイの中には、老いも若きもおどろくほど“不妊治療”をしている人が多く

前田さんはさらにリサーチを続けました。最終的には「NPO法人 FINE〜現在・過去・未来の不妊体験者を支援する会」の協力を得て、不妊治療の経験者の聞き込み。同時に不妊治療に従事する複数の

医師レクチャーも受け、妊活の最前線の状況を脚本に反映しています。

 

映画の本編に登場する、ヒキタさんの担当医山中崇さん演じる桑島医師は、実際に話を聞いた医師の一人がモデルになっているそうです。

 

わたしは不妊治療を数年間やりましたがスタートが遅かったので、すぐに諦め夫婦水入らずな生活を謳歌しています。それはそれで楽しいですが

子どもがいたらどんな生活になったかな。とふと思うこともあります。

 

そして私のまわりには不妊治療をしている人はたくさんいて、仲良しさんにはお話を聞く機会があります。でもあまりにもプライベートなことなので、こちらも聞きづらいし、当人は話しづらいですよね。

ヒキタ夫妻の数年越しの試行錯誤の妊活の日々を綴ったこの作品をみれば「僕もわたしも!」と、人に話しやすくなりちょっとだけ肩の荷が下りるのではのではないかと思いました。

ヒキタさんを演じた松重豊さんもいろいろな取材を受ける中、様々なインタビュアーさんに「実はわたしも妊活中なんです」というかたがすごく多かったそうです。

 

松重さんは、最初にお話が来たときに、「男性側の不妊というのは社会的にも認知されていないので

はたしてこれがどう映画にになるのかな?「と最初はすこし不安だったそうですが、

「真正面からだと重くなってしまうけど、映画なら男性が不妊治療を行っている様子をすんなり受け止めていただけるのではないか」と思ったそうです。

640-3.jpg

(C)2019「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」製作委員会

 

実際、妊活をはじめたばかりのヒキタさん

の一生懸命な様子がほほえましく、私も思わずクスッと笑ってしまったのです。

例えば、夫婦で妊活に取り組むとき、女性は難しそうな名前のついた検査を何回も行いますが、

男性は“精子をとるだけ”。ヒキタさんは、“オレはこれだけ?”と落胆しますが

精子をどんな場所で、どんな方法で採取して、どんな容器に入れて、どうやって新鮮な精子を病院に持って行くかをテンポ良く描いていきます。

作家という職業だけに妄想イラストがはいったり、妊娠しやすいといわれているゲン担ぎグッズをあつめたりと前半はまるで“HOW TO妊活”。

ヒキタさんは“やれることはなんでもやる”と妊活戦士になり、桃をむさぼり、無花果の絵を寝室に飾り、

家の装飾はオレンジにかえてみる。

仕事場には、「サウナ禁止」「禁酒」「妊婦が握ったおにぎりを食べる」「あそこを冷やす」「断食する」などの張り紙をして、

がんばる姿が愛おしくなります。妊活をすることで夫婦の絆は深まりヒキタさんは健康になっていく(笑)

 

「子どもが出来ないのはあたかも女性の責任と言われてきましたが、ほぼ半数は男性にも問題があることを広く知っていただきたいですね。」と

妊活男性を演じたことで、松重さんも多くのことを学んだそうです。

 

サチを演じた北川さんは、今まで上司と部下の関係でドラマなどで共演していましたが、今回は歳の差夫婦の役。

それについて松重さんは、「北川さんとの夫婦はありえないと、見る人に言われてしまうかもしれないので、どうしよかなと北川さんに相談したら。

“あれ?そんなに歳が離れてました?”といわれて、ホッとした」とおっしゃってました。

わたしから見てもなんら違和感なかったです。

そして「年下女房に尻に敷かれる心地よさ」を味わったとか(笑)

 

ヒキタさんが職業柄か、“大人子ども”なおじさんなんんです。少年のような人。妻のサチさんのほうがしっかりしているように劇中ではみえます。

 

 

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_8d09.jpg

 

 

夫婦関係の転換期となるシーンで度々出てくる桜並木のシーンは、桜狙いで諏訪湖近くで撮影したそうです。

子どもを産むを決意したり、失敗して泣いたり、喜んだり、サチの喜怒哀楽が美しい桜の下で描かれていきます。

 

ヒキタさんのもう1人の相棒となるのが編集者を演じた濱田岳さん。

松重さんは、濱田さんとは何度も共演していますが、横並びの役は初。西田敏行さんの心を鷲掴みにしただけあってその演技は素晴らしかったと絶賛。

この2人の凸凹コンビの会話シーンは、面白くて笑いっぱなし。

流行の男のコミュニケーションの場である裸の付き合い“サウナシーン”はお見逃しなく!

そうそう、サウナの熱波師はお笑い芸人のマグ万平さんです!実際に熱波師でも活躍されていますよね。

 

わたくしの86歳の母が松重さんの大ファンで、母の初恋の人に似ているとお伝えしたら

その初恋の人に会ってみたいですね。女性は何年たっても初恋の人は忘れないんですね。と

インタビュー前の雑談にも耳を傾けてくれる素敵な方でした。

 

孤独のグルメも見なくちゃ!

 

ひとつの目標に向かって夫婦が心をひとつにしていくことで、本当の夫婦になっていくのです。

本作は、妊活というテーマではありますが、とても優しい視点で描く夫婦のヒューマンドラマ。

老若男女多くの方に見ていただきたい作品です。

 

10月4日(金)全国ロードショー

「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」

 

脚本・監督 細川徹

出演:松重豊 北川景子 濱田岳 山中崇 伊東四朗 皆川猿時  

原作 ヒキタクニオ「ヒキタさん!ご懐妊ですよ」(光文社文庫刊)

 

 

 

*三重テレビ MIEライブ「シネマクルーズ」のインタビューは10月4日に放送します。

こちらのレポートはその一部を抜粋しました。

 

 

 

 

 

<< 前の記事 次の記事 >>

松岡ひとみ

松岡ひとみ
レポーター、テレビタレントを経て、2010年から映画パーソナリティとして活動。東海地区を中心に、新作映画のみならず旧作から自主映画、短編映画まで取材し、テレビやラジオ、雑誌など各媒体で紹介。また、新作映画の舞台挨拶・記者会見の司会など、東海地区を中心とした映画イベントシーンにおいて欠かせない存在で、通称「映画のお姉さん」。様々な監督との交流も深く、日本各地で映画監督が主催の映画祭に行くことが趣味。
“映画伝道師”として多くの方に映画を愛していただけるような人になるのが夢です!

Twitter @m1103
facebook
Abemaブログ
公式ホームページ

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る