オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
映画パーソナリティー☆松岡ひとみのシネマレポート!

本広克行監督演出、舞台「転校生」を観劇してきました。

2019年8月20日 10:05 | コメント(0)

 

お盆休み明けの8月19日

「踊る大捜査線」シリーズ、「亜人」など映画やドラマの演出家である

本広克行監督が演出する

舞台「転校生」にいってきました!
 

zeBLt2NHSuON3H1IhptTVQ_thumb_8967.jpg

 

平田オリザさん作の高校演劇のバイブル的戯曲。 4年前の同じ転校生の舞台は、女子校版だけでしたが、
今回は女子校版と男子校版。


“若手俳優発掘プロジェクト 21世紀に羽ばたく俳優たちへ”と銘打たれ、

2128人から選ばれた42人の俳優たち。
フレッシュな俳優・女優たちが結集しました。


女子高版に出演している豊橋出身の桃月なしこちゃん。舞台のお芝居は初体験です。

2018年「とよはし映画祭」からのからのお付き合いで、自称“愛知の第2のおかあさん”としては彼女の成長ぶりを楽しみにしていました。

女子校版、桃月なしこちゃんも個性を発揮していたので、母はホッとしました(笑)

IMG_1130.JPG

男子校版にはボイメンの田中俊介くん。

 

エンタテイメント集団BOYS AND MENで培ったこと、映像の世界で経験してきたこと、この舞台劇でどう生かされ、どんな芝居を見せてくれるのか!

これからご覧になるかたもいらっしゃるのであまり多くは話せませんが、かなり重要な役どころです。


我らが田中俊介!存在感ありましたぞ。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_895c.jpg

女子校と男子校版を一気見してよかったです。19日は、男女共初日から2日目となりますから、仕上がって次の日なので、みなさんリラックスしていたと思います。

高校生の教室内の日常を会話をかぶせながら魅せていくリアル青春劇。男女見比べるのが面白かった。
同じ脚本でも、男女の違い、アイテムの違い、
観賞する角度などでまったくちがう舞台になるんです。

21名の中、一人に絞って観賞したり、グループで行動する時もあるので

そのグループの会話劇に集中したり、見る側も工夫しながら何倍も楽しめる舞台だと思いました。

8月27日まで上演しています。

関東にお住まいの方、東京にお出かけの際にぜひご覧ください。

上演時間は約75分の作品となります。

 

公演情報

『転校生』
 
■公演日程:2019年8月17日(土)〜2019年8月27日(火)
■会場:紀伊國屋ホール
 
■脚本:平田オリザ
■演出:本広克行
■出演:
21世紀に羽ばたく21人の女優たち
21世紀に羽ばたく21人の男優たち
 
公式サイト:www.parco-play.com
 
<あらすじ>
ある高校の教室。普段と変わりない1日の始まり。他愛のない日常の会話。そこへ、「朝起きたらこの学校の生徒になっていた」と言う、転校生がやってくる。身近で起きている出来事をとおして、人間の存在の不確かさが浮かび上がる21名の群像劇。


 

<< 前の記事 次の記事 >>

松岡ひとみ

松岡ひとみ
レポーター、テレビタレントを経て、2010年から映画パーソナリティとして活動。東海地区を中心に、新作映画のみならず旧作から自主映画、短編映画まで取材し、テレビやラジオ、雑誌など各媒体で紹介。また、新作映画の舞台挨拶・記者会見の司会など、東海地区を中心とした映画イベントシーンにおいて欠かせない存在で、通称「映画のお姉さん」。様々な監督との交流も深く、日本各地で映画監督が主催の映画祭に行くことが趣味。
“映画伝道師”として多くの方に映画を愛していただけるような人になるのが夢です!

Twitter @m1103
facebook
Abemaブログ
公式ホームページ

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る