オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
映画パーソナリティー☆松岡ひとみのシネマレポート!

週末も映画三昧 シネマスコーレに個性派俳優大集合!

2019年7月16日 11:03 | コメント(0)

7/13土曜日は、シネマスコーレ舞台挨拶day 井浦新さん、川瀬陽太さん、津田寛治さんと、個性派俳優が大集合しました。

 

 

映画「こはく」初日公開記念舞台挨拶で、井浦新さん、横尾初喜監督が登壇。
こはくは、横尾監督の幼少期の実体験をもとにした半自伝的ストーリーで
幼い頃に別れた父を捜す兄弟が紡ぐ家族再生ものがたり。

IMG_0127.JPG

井浦さん演じる亮太の兄役はアキラ100%の大橋彰。
上半身裸ではありませんw


いつものキャラクターを封印して本名でまじめに役者やってます。

 

この異色のキャスティングが面白いですね。

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_8582.jpg

毎朝、新さん演じる仲さんにお会いしているのでシネマスコーレで会うのは不思議な感覚。
朝ドラ「なつぞら」の新さんは、東洋動画のアニメーターのリーダー・仲努、日本初の長編アニメーションの作画監督として活躍する人物を演じています。穏やかな物腰で人望が厚く、かわいらしいキャラクターデザインや繊細な表現を得意とし、周囲から師と仰がれ、漫画映画に純真な思いを抱くなつを気に入り、アニメーションの世界に誘います。なつの才能をみつけるという、物語の鍵になる人を演じているんのです。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_856a.jpg

新さんは、
故若松孝二監督に見出され、個性派俳優として開花しているのは有名なお話。ARATAという名前まで変えちゃいましたからね。

若松孝二さんの遺したこの
シネマスコーレで、
若松孝二作品ではない
自身の主演映画で
舞台挨拶ができた喜びを語っていました。

 

スコーレファンから
「お帰りー」と声をかけられ
とても嬉しそう!

「帰ってきたよ」と応えていました。

qC3BEYshTtaF9bEuTb2x3Q_thumb_8581.jpg

ああ、映画と映画ファンが一つになった瞬間でしたよ。

若松監督とご一緒にインタビューした日が懐かしい。。

 

「こはく」は、7/13より
シネマスコーレにて公開中です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_8566.jpg

 

 

その夜のシネマスコーレでは
知多半島映画祭から生まれた知多半島オールロケ
短編映画「あのまちの夫婦」。
シネマスコーレにて
7/13から公開し公開記念の舞台挨拶が行われました。

 

知多半島オールロケ「あのまちの夫婦」

縺ゅ・縺セ縺。縺ョ螟ォ蟀ヲ_蝣エ髱「蜀咏悄_24.png
併映は川瀬陽太主演 津田寛治さんの
「天然生活」。こちらもかなり面白い作品です。

 

「あのまちの夫婦」では
津田寛治監督と
鈴木プロデューサーが登壇しました。

毎年の知多半島映画祭の司会、
映画製作のいきさつをみてきたので、今回も司会のお手伝いをさせていただきました。

 

ugExlUS1SMWBjEzfRVzuaQ_thumb_8572.jpg

津田さんといえば、俳優として数々の映画、ドラマに出演されていますが、

元々は監督になりたくてこの世界にはいったそうなんです。

今も昔も自分が俳優として入っている現場でも、いつもスタッフの動きを見て、スタッフ側にいることが好きで

それがとても勉強になり映画作りに生かされたそうです。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_859d.jpg

短編映画はすでに何本か撮影されていて、この映画のきっかけは

知多半島映画祭で津田さんの故郷福井で撮影した「カタラズの町」が上映され、その時に映画祭の鈴木プロデューサーから

知多半島を舞台に映画を撮って欲しいと依頼を受け製作することに。

 

津田さんは、あまりよく知らなかった知多半島をパソコンでググってみるとそこには情緒のある「野間灯台」がでてきて、

そこから直ぐに、構想が浮かび夢中で脚本を書いたとか。知多半島という場所を気に入ってくださったのが嬉しいですね。

wiHTYTyLRzqai8Kqb7MAjQ_thumb_858e.jpg

今回は、編集もご自身でされていて、電車の中、喫茶店で、編集ソフトを使って作成しはじめたら面白くて、

好きなように編集ができたことでストレスもなく自信を持って世に送り出すことが出来たそうです。

 

 

「撮影中の思い出は、カメラマンが恐かった!」


ロケハンからずっと、カメラマンに叱られてばかりだったことを明かしました。

映画制作の経験のないスタッフばかりだったので、プロの強く言える方をいれたのですが、予想以上に強かったと(笑)


予算100万の短編映画なので、自主映画にあう機材のつもりがザ・映画キャメラマンが用意したのは、本格的な機材・・・。

鈴木さんはいつも呼び出されていたそうです。


その鈴木さんが初演技で、出演しているのですが、かなり大変だったというエピソードが爆笑で会場内大もりあがり!

素人さんですが、二枚目芝居をしようとするので監督も驚いたらしい。

ここは知り合いの方は笑いどころです!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_858d.jpg

ラストには、協力いただいた知多半島のみなさんからの花束贈呈があり、あたたかな雰囲気に包まれました。

「あのまちの夫婦」は、
知多半島の美しい野間灯台、まちの風景がおさめられています。

シネマスコーレで19日まで
1830から上映です。

毎日関係者の舞台挨拶があるそうですので、「天然生活」を併映していますので、ぜひ二本あわせて約2時間お楽しみくださいね。

 

 

 

 

 

<< 前の記事 次の記事 >>

松岡ひとみ

松岡ひとみ
レポーター、テレビタレントを経て、2010年から映画パーソナリティとして活動。東海地区を中心に、新作映画のみならず旧作から自主映画、短編映画まで取材し、テレビやラジオ、雑誌など各媒体で紹介。また、新作映画の舞台挨拶・記者会見の司会など、東海地区を中心とした映画イベントシーンにおいて欠かせない存在で、通称「映画のお姉さん」。様々な監督との交流も深く、日本各地で映画監督が主催の映画祭に行くことが趣味。
“映画伝道師”として多くの方に映画を愛していただけるような人になるのが夢です!

Twitter @m1103
facebook
Abemaブログ
公式ホームページ

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る