オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
映画パーソナリティー☆松岡ひとみのシネマレポート!

犬友のダベリングエンターテイメント「柴公園」

2019年7月 2日 11:45 | コメント(0)

こんにちは

今日は動物好きな方必見の映画を紹介します。

BGO+o5AUTQW8GHdJSuWA1Q_thumb_83ee.jpg

世界的に猫ブームなんだと改めて思ったのは

ペットが飼い主がいない間に事件を巻き起こす大ヒット作、動物エンタテイメント「ペット」の続編「ペット2」で、

前作同様、犬のマックスが主人公なのですが、登場する猫の数が数え切れないほど増えました(笑)

前はクロエというデブ猫一匹だったのにね。

そんな猫ブームに負けるな〜とばかりに今年は犬映画がそこそこ公開されます。まずは2019年の上半期に滑り込み公開したのは「柴公園」

すでにテレビドラマで1月に公開され、じわじわっと口コミで広がり、ついに映画化。

 

640-9.jpg

(C)2019「柴公園」製作委員会

不器用な3人のオッサンが

それぞれの柴犬をつれて公園にやってきてなにやら無駄話に花が咲く。犬好きな散歩中の会話ってこんな感じですよね。

我が家は猫派ですが、実家はワンチャンがいて散歩に行くと、ワンチャン達のパパママと立ち話しをよくしたもの。

うちの近くの公園は「どんぐり公園」でしたけど。

 

さて絶賛公開中の「柴公園」。

29日の土曜日公開3週目、中部地区4カ所にて綾部真弥監督と柴公園では19秒犬と呼ばれる謎の男役水野勝さんの舞台挨拶が行われ、

センチュリーシネマーシネマで潜入取材!

アメブロ公式にもチラッと載せました。

https://ameblo.jp/hm11031206/

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_83f3.jpg

綾部監督は、助監督が長く、助監督時代は豊橋や名古屋にはよく撮影に来たのだけど、

監督なって初上陸となった名古屋に感激していました。

 

ボイメンの水野勝くんはこのところ役者としの活躍も多くなってきまして、監督とは3度目のタッグ。

19秒犬というニックネームは、ドラマ版10話中に合計で19秒しか、登場シーンがなかったから(笑)

もうネタにしてますけどね!

本作では鍵を握る男ヒロトとしてバッチリ登場します。

 

公開してからの周りの反響は?と水野くんへ司会のプロデューサーからの問い掛けに、

「いろんなところで犬好きな方の感想がありました。10話で19秒しか出ていない

出る出る詐欺だったので、ホントに出るんですか?とかいわれるし、

19秒だったらくしゃみしていたら見逃してしまう。でも映画は中心人物なので満足しています。」

水野くんは犬好きというのはファンの方はご存じかとと思います。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_83fb.jpg

「2匹チワワを飼っている。犬はいってらっしゃいとお帰りをしてくれるし、元気ないときもそばにいてくれる、

人生のパートナーですね」とメロロメロのようす。

プロデューサーが

今は、監督の犬みたいな?

「そうですね従順な犬です」と監督をみながら嬉しそうに答えていました。

ホントに仲良しなんですね。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_83fe.jpg

監督と水野くんは園子温監督のドラマ&映画「みんなエスパーだよ!のスピンオフが出会い。

綾部監督がスピンオフの監督をして、水野くんが、女の子にゲロをかけられる役で登場。

水野くんはその時の撮影を振り返っていました。

「その時は、まだあまりドラマの演技経験がなかったんです。そこに出させていただけるだけで嬉しかった、

勝手にシンパシーがあったので全然平気でした」

2回目は人狼ゲーム、そしてまた

このように一緒にやれるのが嬉しいと話していました。

 

綾部監督は作品は、かなり広いジャンルなのです。

ヤクザのハードボイルドな「ゼニガタ」もあれば、地域の町医者と介護マネージャーとのふれあいを描いた「ピアまちをつなぐもの」とか・・。

作品のによってテンションは違うという水野くん。

「柴公園」の時は和気藹藹とさせてくれるんです。ベテランの方が多かったのでお任せして、のびのびやっていたとのこと。

現場の雰囲気作りがウマい人というのは、他のメンバーからも聞いていました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_83f6.jpg

監督からみた水野くんを改めて答えていただくと、

「真面目に作品に取り組んでくる。その姿勢がすごくよくて、でも

遊びの部分もたくさんあるので、僕のテイストにもあうのでこれからも出て欲しいです。」と話してくださいました。

 

何作品先までも予約、ということでいかがでしょうか?!

 

今回水野くんに御願いしたことは、ひとつだけ。

「ボディータッチとお尻の振り方」

640-5.jpg

(C)2019「柴公園」製作委員会

 

劇中では男らしい役ですけど、ちょっとお尻フリフリ歩いてます!

怪しい男というイメージに拍車を掛けていますね

 

ヒロトの役について水野くんは「自分のおねえちゃんが引きこもりなのをとても心配しているし、大好きなんですよ。そして正義漢のある役。」

表面的にみえるミステリアスのシーンとか内面的なところは変えていたという。

「苦労というか、意識した」

 

640-6.jpg

(C)2019「柴公園」製作委員会

 

監督が悩んだのは、おねえちゃんと二人で話すシーン。

「シリアスな部分。柴公園では心情をだすような場面はドラマにはなかった、

そこは一歩踏み出そうとさせる。そこは時間かけて撮影しました」

 

 

共演の松本若菜さん、佐藤二朗さんについて会場のお客様から質問がありました。

 

違う映画でメインででてもらっていて「ピアまちをつなぐもの」、短いシーンだったけどあの役は松本さんしか考えられなかった。短いシーンですがでていただけますか?と御願いしました。」

 

640-10.jpg

(C)2019「柴公園」製作委員会

 

「二朗さんは、この映画チームが作った幼獣マメシバというドラマ映画で4作品でている柴犬映画の第一人者(笑)

同じ制作会社で柴犬映画をつくるのであれば、また協力して欲しいとおもったのでおねがいしました。」

 

するとプロデューサーが、「実は6作品目なんですよ、脚本もかいてあるのででほしいと御願いしました。」

 

渋川さんとの会話シーンで、二朗さんはスマホ一面の顔の出演。ラスト当たりにやっとその姿を現します!

 

そんな二朗さんについて監督は、「スマホ携帯の画面が佐藤さんの顔でいっぱいになると脚本にかいてあって、

でも人間の顔でスマホでいっぱいになるはずがないとおもったら、二朗さんはぴったりはまったんでホントに顔が大きいんだなぁと思った」と話し、会場は大爆笑!

するとプロデューサーが「顔が歩いてますからね」

たしかに、二朗さんは何度かお会いしましたが、顔がデカイ!声もデカイ!態度は意外にデカくないです。

 

640-8.jpg

(C)2019「柴公園」製作委員会

この映画に登場する人物はけっして完璧な人ではないのですが、

人間は完璧な人なんていないわけで、それを補ってくれるのがこの映画だと柴犬なんですよね。特に犬は相方みたいで飼い主に寄り添っているかのように(実際にもそうですが)人間との距離感とか、ちょっと心配しているような表情をウマく撮影されています。

特に渋川さん演じる、あたるパパはいわゆる40歳近くになっても独身で、仕事は苔の研究をしていて、趣味が仕事みたいな人間でさらに部屋のインテリアなどからすると高給取りだといいうこともわかります。

でも犬を飼ったことで生活が広がり、犬友もできていままで自分にはなかった会話も生まれてくる。

新しいことに挑戦するということは自分の視野をひろげるということなのです。

犬がいなかったら、あたるの中に、犬友の人生ははいってこなかったわけですから。

肩の力を抜いて、まるで一緒に芝公園に犬と散歩しているような気分で見てほしい、日常の忙しさを忘れさせてくれる息抜き映画だと思います。

 

ただ今絶賛公開中

https://shiba-park.com/

5b692ed289b3ba5d.jpg

 

 

 

 

 

 

 

<< 前の記事 次の記事 >>

松岡ひとみ

松岡ひとみ
レポーター、テレビタレントを経て、2010年から映画パーソナリティとして活動。東海地区を中心に、新作映画のみならず旧作から自主映画、短編映画まで取材し、テレビやラジオ、雑誌など各媒体で紹介。また、新作映画の舞台挨拶・記者会見の司会など、東海地区を中心とした映画イベントシーンにおいて欠かせない存在で、通称「映画のお姉さん」。様々な監督との交流も深く、日本各地で映画監督が主催の映画祭に行くことが趣味。
“映画伝道師”として多くの方に映画を愛していただけるような人になるのが夢です!

Twitter @m1103
facebook
Abemaブログ
公式ホームページ

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る