オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
オピ・リーナ白書
オピ・リーナ白書

第6回 『お花見に関するアンケート』

 以前実施した「お花見に関するアンケート」、たくさんのご回答をいただきありがとうございました!いよいよ東海地方も桜の見ごろが到来です!そんな中、オピ・リーナ読者のお花見への関心度って、いかほど?おすすめの花見スポットや、花見と言えば!のグルメ、さらには、花見にまつわるエピソードなど、まとめてご紹介します☆  

Q1.今年も待ち遠しい『お花見』シーズン。あなたは“お花見”していますか?

 春の風物詩の代表格・お花見。「全くしない・したことがない」方々を除けば、全体の95%が経験アリという結果でした。通勤・通学ルートにある桜の木を見上げるだけで、心がほっこりするものですよね♪編集部の職場付近も、お花見スポットが点在しているので、見ごろは今か今かとソワソワしています。花のいのちは短いですが、桜ならではの、はっと息を飲むような美しさ、毎年ぜひ目に焼き付けておきたいものですね。

Q2.設問(1)で「毎年欠かさず」「時々する」とお答えの方へ、おすすめの花見スポット、また、行ってみたい花見スポットがあれば教えてください。

鶴舞公園(名古屋市)

・アクセスも良いし、賑わっていて、花見気分を存分に味わえる
・トイレもゴミ箱もあるし、食べ物もすぐに買いに行ける。交通の便もいい
・王道!
・飲んだり食べたりできるので、おススメ
・人が多いですが、私は多い方が花見へ来た感があって好きなので楽しい
・人がごった返していますが、その雰囲気も含めてのお花見。夜間のライトアップもきれいで毎年楽しみ
・屋台と夜桜がきれい
・桜もキレイだが、出店に流行りものが多い
・子どもは遊具で遊び、大人は花を眺めながらのんびりできる
・屋台が沢山でお祭り気分になれる
・近くにあるパン屋さんが好きで、いつもそこのパンを買ってからのお花見が定番
・自宅や友人宅からも近く集まりやすい。隣の古墳跡の桜は穴場

五条川(愛知県岩倉市)

・夜桜がとても綺麗
・桜&水面にうつる桜のコラボレーションが最高
・川に沿って2000本ぐらいの桜があり、見ごたえがあります!
・沢山の出店があり、川沿いの桜も綺麗で、毎年賑わっている
・花も屋台の数もちょうどいい
・岩倉の辺りは屋台も出て混むので、犬山の川沿いだと人が少なくておすすめ
・川幅があまりないのでアーチ状になっている箇所は絶景
・近所なので散歩しながら桜を見るのが毎年の楽しみ

山崎川(名古屋市)

・お祭りやイベントなどがないので静かな雰囲気がいい
・名古屋と言えば、鶴舞公園と並んでココ
・上流域がおすすめ
・ライトアップされている所を歩くだけですが、見事です
・川の両側にたくさんの桜が並んでおり、夜には一部ライトアップされて、お散歩にはとても良い
・昼も夜も、どちらも最高。毎年行っても、花の咲き乱れ具合が違うので、どれだけ長い時間いても飽きません。立ち止まるのを禁止されているので、そこもポイント高い
・川面に映る桜は本当に綺麗です!瑞穂陸上競技場に名古屋グランパスの試合を観に行くので、勝った日にはさらに華麗に見えます
・早朝の散歩は静かでおすすめ

名古屋城・名城公園(名古屋市)

・やはり王道じゃないでしょうか
・金シャチ横丁で、花より団子状態ですが、桜も綺麗です
・城中が桜みたいでとてもきれい
・お店が増え、最近はカフェでお茶しながらの花見が定番
・ファミリー層が多くて落ち着いた雰囲気でお花見ができます。レンタル自転車も楽しい

高遠城址公園(長野県伊那市)

・憧れの場所
・激混みだが、行く価値あり
・遠方からの観光客で溢れています。でも、必見です!
・噂にはよく聞くので、一度は行ってみたいと思っている
・長野県なので、名古屋の桜の時期が終わってからも楽しめるところがいい

岡崎城・岡崎公園(愛知県岡崎市)

・お城と桜のコントラストが見事
・夜のライトアップが素敵
・飴細工など昔ながらの正統派な出店があって雰囲気がいい

少数意見・・・東山動植物公園(名古屋市)」、なばなの里(三重県桑名市)、清州城(愛知県清須市)、香嵐渓(愛知県豊田市)、犬山城(愛知県犬山市)、荒子川公園(名古屋市)、京都((嵐山、鴨川、醍醐寺、哲学の道)、伊豆の河津桜(静岡県)、大阪造幣局の桜の通り抜け(大阪市)、根尾の薄墨桜(岐阜県)、吉野の千本桜(奈良県)など

 たくさんの花見スポット情報、ありがとうございました!意外と多かったのが、有名スポットではなく「近所の公園」や「近所の桜並木」など。自分のお気に入りの場所で、静かにゆっくり桜を愛でるのも素敵ですね。「自宅に桜の木がある」「自宅の窓から花見できる」という羨ましい声も。

Q3.設問(1)で「あまりしない」「全くしない・したことがない」とお答えの方へ、その理由があれば教えてください。

第1位 人混みが苦手

第2位 花粉症

第3位 寒い

第4位 時間がない、忙しい

第5位 興味がない、面倒くさい

 なるほど、どれもごもっともな理由が並びました!確かにこの季節、花粉症は辛いですからね・・・。しかし、「行く相手がいれば行きたい」「混んでいなければ行きたい」「寒くなければ行きたい」「仕事の調整ができれば」「マナーの悪い人さえいなければ」「静かにお花見できるところがあれば」など、お花見自体に対しては前向きな意見も多く見られました。

Q4.お花見と言えば!のグルメや、お花見の際に食べたくなるグルメは?

第1位 花見団子(三色、みたらしなど)

第2位 桜餅

第3位 いなり寿司

第4位 からあげ

第5位 花見弁当

 断トツの1位は、予想通りの「花見団子」でした!“花見”と銘打っているぐらいですから、花見団子としてのプライドも死守!そんなお団子に押された、“桜”と名の付く「桜餅」も、まずまずの健闘で2位にランクイン。いなり寿司や花見弁当、ちらし寿司やおにぎりなどの炭水化物系も多く支持されました。意外だったのが、からあげ。屋台グルメで印象深いのか、お弁当に入っているイメージなのか・・・さすがは万人ウケの人気メニュー☆

Q5.お花見にまつわる印象深いエピソードや思い出などがあれば教えてください。

美しき日本☆編
花吹雪が思い出にあります。普通、桜吹雪は上から下に花びらが舞い落ちますが、清水の舞台は逆!下から上に舞い上がってくるのは幻想的でした。
桜とこごめ桜が咲き乱れたトンネルを見たとき、桜とこごめ桜があまりに真白だったので、真冬の白銀の世界を思わせる景色に見えて、感無量でした。
子どもたちが幼かった頃、散った桜の花びらを手で拾い集めて、楽しそうに手から離してピンク色の花吹雪にしていた情景を今でも思い出します。
嵐山の桜を見たとき、ここが極楽浄土かと思いました。まさに日本画。天国がこんなに良いところならいいのにな~と思います。
たまにはいつもと違う所でお花見を、と思い、夜になってあまり人々に知られていないこじんまりとした場所にある古い桜の木を母と見に行ったことがあります。そこには巨木の桜がどっしり構えていて、近くのお宅から好意でライティングが施されており、夜空に桜がひらひらと美しく舞う光景が素晴らしく綺麗なんです。今年もこっそり見に行こうと母と夜の散歩がてらその桜の木までたどり着くと、そこにはそっと桜の木から離れた場所につつましく数人の桜の観覧者がいました。みな、桜の木を触ったりスマホで写真を撮ったりすることもなく、ただただ静かに桜の木を眺めていて、そのマナーや心静かな風景に本当の日本の奥ゆかしさと美しさを見たような気がしました。

やはり、日本には桜が合う!満開の桜の下、少し風が吹き、はらはらと舞ってくる花びら・・・あぁ日本人でよかったな~と思う瞬間。 (編集部S)

桜は美しいだけではなく、日本のどんな場所にも、どんなシーンにも合ってしまう本当に象徴のような存在ですよね。 (編集部R)

花より団子?!編
顔ほどある大きな大きな花見団子を一度だけ見かけて買いました。味は、通常のお花見団子と同じ味でしたが、インパクトがあった話のネタになりました。
昔はコンロ持ち込みで、どて煮を温めながらの花見は最高でした!
宅配ピザを注文したけど配達のお兄さんとなかなか会えなかった。
花見の時期に合わせて旅行会社を利用。ツアーで出かけたものの少し早かったり遅かったり難しい・・・でもそこでいただくお料理は最高、ツアーならでは!やはり花よりだんごです。
去年、友達同士で名城公園でお花見をしたのですが、偶然「金シャチ横丁」などがオープンした日で、皆でそちらにも足を延ばして楽しみました。

名古屋城での花見!からの「金シャチ横丁」いいですね~、オススメです!と言いながらも、実はまだ行ったことがありません・・・(汗) (編集部S)

桜きれいね~~♡と言いながら横目で屋台をチェックしちゃいます(笑) (編集部R)

ラッキー!編
アカペラで歌っていたら、隣の宴会グループから刺身などのご褒美を頂きました。
持参したおにぎりがお隣さんまで転がってしまい、酔っぱらっていたのか「おにぎりありがとうございます!」と満面の笑みで言われ、差し上げたことがあります。
旅先で偶然に遭遇した桜が、あとで調べたら桜100選に入っていたこと

どの桜の木の下もいっぱいで、場所がない・・・と思っていたところ、ちょうど団体さんが撤収し、べスポジが取れたこと! (編集部S)

コーヒーとお菓子だけもって眺めてたら、近くにいた知らない団体さんの輪に誘われお腹いっぱいごちそうになりました♪ (編集部R)

みんなでワイワイ♪編
子供の頃、親の知人らと七輪でお肉を焼いたり、食べ物を持ち寄って公園でお花見しました。カラオケ機材を持ち込む人や泥酔する人がたくさんいて、今思うといい時代だったなと思います。安全で平和でしたよね。
新入社員歓迎会のとき、お花見でした。輪になって、みんなでビールやお酒を持ち合って、それをプレゼント交換のようにぐるぐる回していく。意味のわからないお花見でした。が、楽しかったです。
大学時代、色々な国の人と花見しました
大学入学してすぐに、お花見兼新入生歓迎会に参加したこと。初めて家族以外の人たちと、桜の木の下に大きなブルーシートを引いて、ご飯やお菓子を並べて、ちゃんとしたお花見をして楽しかったのを今でも良く覚えています。

職場のお昼休みに、誰か付き合っていただけませんか?笑 (編集部S)

みんなでワイワイするお花見楽しいですよね~~!!でもこの時季、夜が思った以上に寒くてテンションが下がる事態も・・・ (編集部R)

トホホ・・・編
高遠の桜を見に行ったとき、そこまで有名とは知らず、ゆっくり日帰りで行く予定にしていました。高速道路は大渋滞で、最寄りのインターを降りてからも渋滞で、目的の公園に着いたのが夕方になってしまい、ゆっくり桜を見ることができませんでした。行きたかったランチのお店にも行けず、少し残念でした。余裕を持って出かけることが大切ですね。
若い頃に席取りをさせられた辛い思い出・・・
初デートで鶴舞公園に行ったら、会社の同僚グループに目撃されてしまい即うわさが広まってしまいました。
職場の宴会で他グループとケンカになり警察で事情聴取された。
酔っぱらいのおじさん達が絡んできて、慌てて場所変えしたこと。台無しでした。
昔大きな桜の木の下でお花見をしていたら、たくさん毛虫が落ちてきて泣きそうになりました。
鶴舞公園にて人が多すぎて、トイレに行ったきり迷子になり敷地内を探し回ったこと。夜だったので暗くて怖くて泣きそうでした。
夜桜を見ながらお花見をしていたらライトアップも時間が来て消えてしまい、真っ暗で寒い中震えながらお花見をしました
花見の当日に既に花がなく、葉を見てお花見した。
毎年、母を香嵐渓に連れて行ってあげるのですが、たまにはライトアップも見せてあげようと良かれと思い連れて行ったところ、足元が暗くて怖いからと文句を言われて悲しかったです・・・

家族恒例のお花見、毎年決まって同じ某公園を訪れていたのですが、桜の木が年々切られて減っていき、いつの間にかライトアップもなくなり、それとともにおでんや木の芽田楽を出すお店も続々閉店・・・ものすごーく閑散としてしまって、恒例行事もフェードアウト・・・しょんぼり。 (編集部S)

急な悪天候でどしゃ降りに見舞われ、傘もってないし片づけないといけないしで大騒動に。服も荷物も全部ビショビショ。食べ物はほとんど台無しになりました。。 (編集部R)

思わずププッ♪編
幼い時、桜の木の下に、レジャーシートを敷いていた父の頭に毛虫がぽとり!普段は無愛想な父の困った顔が見られて、少し嬉しくなりました。
彼女が待ち合わせにスーツのポケットから買ってきた花見団子を出してきたのがおかしくて、いつも桜の季節になると思い出します。
お父さんが知らない人と飲んで楽しんでいた。

ポケットから花見団子!!わたし的には、大いにアリ。惚れてまうやろーーー!です。 (編集部S)

わーわー・・・桜に毛虫はつきものとはいえ、落ちてきたら絶対嫌ですね・・・! (編集部R)

ステキですね!編
子供が4月生まれで、名前に「桜」という文字を含んでいます。毎年桜の木の下で写真を撮り、成長を記録しています。
旦那と付き合ってる時はお花見なんて興味無さそうにしていて一度も連れて行ってくれたことはないんですが、子供が生まれてからは率先して誘ってくるようになりました!笑
庭に桜の有る古家を格安で購入。毎年セルフ花見ができるからとても楽しみです。
東山動植物園にお花見に行った時、ウェディングフォトを撮ってらして、とても素敵でした。あぁ、私もドレスを着てお写真撮りたい!と思いました。お幸せに☆
病気になって家にとじ込もっていた家族をお花見に誘いました。あの日は桜が満開で天気がすごく良く、チラチラと散る花びらがとても美しかったです。心が穏やかになり、帰り際には家族に来てよかったと言ってもらえてうれしかったです。思いきって誘ってよかったと清々しい気持ちになったのを覚えています。
桜の花が咲く頃に生まれたので桜はとても大好きです。主人も同じ誕生月なので桜には縁があるなと思っています。

 桜吹雪の中を嬉しそうに走り回って花びらを追いかけている我が子の姿を見ていると、毎年、胸がいっぱいになります。桜の美しさって、ずるい!!(編集部S)

桜はいろんな人の心を穏やかに、幸せにするんですね~。わたしもそろそろ癒されに行こうかな。 (編集部R)

編集部のコメント

 いかがでしたか?ご協力ありがとうございました。桜の楽しみ方も人それぞれ。平成最後となる今年のお花見を、思い思いにお過ごしください。

 それでは、次回の「オピ・リーナ白書」も、どうぞお楽しみに!!

(2019年03月29日)

オピで先取り!なごやトレンド

オピ・リーナ白書

育児コラム

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る