オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
金城なう

紅葉を見に行こうよう #マックス

2016年11月29日 20:51 | コメント(1)





ただでさえ寒い時期なのに

さらに寒くさせてしまってスミマセン






さて、前前回のはりぼーも取り上げていましたが、

株式会社二幸様と取り組ませていただいている

プロジェクトの撮影を行うために

犬山日和様へ行ってきました!



1129210029.jpg


201611292104.jpg






かわいい着物&帯&小物がお店に並んでいて、

見ているだけでわくわくしましたeyeheart04






私は今回、スマホでパシャパシャ撮る係だったのですが、

とぅんとケロが、かわいくて(鼻血






201611292122.jpg


201611292126.jpg






思わず連写&アングルを注文してしまいました・・・





この日は、お天気に恵まれ

絶好の写真撮影日和でした。





見上げればなんと・・・






201611292101.jpg






美しいものを見ると、人は無言になってしまいますね。






小倉山

峰のもみぢ葉

心あらば

今ひとたびの

みゆき待たなむ貞信公)







この歌は、貞信公=藤原忠平が詠んだものです。

百人一首の26番で、知っている人も多いかと思います。






小倉山の峰を飾る真紅のもみじよ、

お前にもし人ごころがあるならば、

御幸につづいてもう一度、お上の行幸があるまでは、

その紅葉を散らさずに、待っていておくれ

(「馬場あき子の百人一首」より抜粋)





といった内容。





宇多法皇が、

息子び醍醐天皇にもこの綺麗な紅葉を見てもらいたい!

と言っていたのを、忠平が聞いてつくられたそうです。






私も、宇多法皇と同じ気持ちになりました。






みなさんにも

生で見てもらいたい!!!!!






百聞は一見にしかずです。

201611292123.jpg

ぜひ、着物を着て、犬山の紅葉を楽しんでみて下さい。







201611292105.jpg

銀杏の木もとてもきれいでしたよ。







ちなみに、

百人一首には、先ほどの歌を含め、

紅葉の歌が6首あります。







その中でも私が好きな一首を紹介して、

終わりたいと思います。






ちはやふる

神代もきかず

竜田川

からくれなゐに

水くくるとは

(在原業平朝臣)





maple




<< 前の記事 次の記事 >>

金城学院大学国際情報学部・庫元ゼミ

金城学院大学国際情報学部・庫元ゼミ
名古屋の有名女子大に通う、元気で個性豊かな10人が、女子大生ならではの視点で旬の話題をお届け。女子大生ってふだん何してるの?何を考えてるの?なんて疑問に対する答えもココに。等身大の彼女たち、とれたてホヤホヤ“金城なう”です!

Comment コメント

ケロ 2016年11月30日 15:36

ちはやふる
って聞くと映画を思い出す!
ぜひ意味まで教えてーー!!

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る