オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
金城なう

お味噌作り *トメ

2016年3月22日 23:34 | コメント(4)




どうもトメです。


金城なう就活色に染まる中

今日は、お味噌について
お話したいと思います。



少し前に...

朝ドラの影響で
「ぬか漬け」が話題になったり

テレビをきっかけに
「塩麹」がブームになったりと

乳酸菌や麹菌のチカラが
見直されるようになりました。


そこでもう一度注目して頂きたいのが
お味噌



愛知・名古屋のグルメといえば
エビフリャーの次にでてくるのが
味噌煮込みうどんではないでしょうか


名古屋の、いや
日本のソウルフード
といっても過言ではないのが

お味噌


金城学院大学の中にあるコンビニでも
インスタントのお味噌汁とおにぎりを買って
昼食を済ますという子もちらほら見かけます。

日本人にしっかりと根付いているお味噌
そんなお味噌を我が家では手作りしていて
毎年この時期になると
翌年1年分のお味噌を作ります。



お味噌ってお家で作れるんですよ。

とっても面倒くさいですけど
とっても面倒くさいですけど



ざっくり手順をご紹介します。

1、大豆を一晩水に浸ける
(この時点で、重いし場所とるし、めんどくさい)

2、大豆をひたすら煮る
(圧力鍋を使うにしても、めんどくさい)

3、大豆をひたすら潰す
1.jpeg(手が疲れるし、もうこれが一番めんどくさい)


4、潰した大豆と塩と麹を混ぜる
2.jpeg
(混ぜるのはちょっと楽しい)


5、容器に詰めていく
空気が入らぬよう丸めて投げ入れる!
3.jpeg
5.jpeg
(ここは真剣)

6、放置
あとは押入れに約1年間放置するだけ
(発酵がんばれ)


どうですか
めんどくさいですよね



でも
どの行程をとっても大事で少しでもさぼると
すべてが台無しになってしまいます。

ものすごく繊細なくせに
容器に入れたら放置で麹菌の力にお任せという
実はいたってシンプルなんです。



このご時世、何でも売っていて
お金をかければかけるほど
美味しいモノが手に入りますが
やっぱり自分で育てたモノが一番美味しいです。

ほら、思い出してください。
小学生のときプチトマトキュウリ
夏休みに育てませんでしたか?
毎日毎日、観察日記をつけて、収穫できたら
サラダにして家族みんなで食べて...

あの時の美味しさって異常じゃないですか?

トマト嫌いでもなんとなく
ちょっとだけ食べたくなるというか...



一粒500円のプチトマトより
一生懸命自分で育てたプチトマトの方が
わたしは好きです。

ただ、その一粒500円のプチトマトだって
どこかの誰かが一生懸命作ったものなので
優劣をつけたいわけでは無いです!
むしろそんなプチトマト食べてみたい!(笑)




自分の食べるモノを自分で育てることは
時間もお金もかかるし、めんどくさいです。
でもその「めんどくさい」が良いんです。

ちなみにこのご時世、全く便利なもので
「お味噌づくりキット」
というものが売っています。
手軽に気軽に始められるというわけです。
すごいな日本!




さあ、みなさんも
お味噌作りしてみませんか?




以上!
お味噌作りしながら
久しぶりにゆっくりと母と話せて
すっかり癒されたトメでした!

さらば〜〜〜

<< 前の記事 次の記事 >>

金城学院大学国際情報学部・庫元ゼミ

金城学院大学国際情報学部・庫元ゼミ
名古屋の有名女子大に通う、元気で個性豊かな10人が、女子大生ならではの視点で旬の話題をお届け。女子大生ってふだん何してるの?何を考えてるの?なんて疑問に対する答えもココに。等身大の彼女たち、とれたてホヤホヤ“金城なう”です!

Comment コメント

しょうゆれもん 2016年3月23日 12:26

「うんうんできそう」って読んでて
1年発酵させますのところで心折れた
私は待ちきれないから市販の味噌食べる・・

ブル 2016年3月24日 23:42

トメ家すごいね!!
毎年作ってるみたいな感じなの?

エア 2016年3月25日 09:20

ペタペタするのとても楽しそう!!!
自家製味噌の御御御付けはとても美味しそうだね〜〜!

トメ 2016年4月 3日 17:51

>しょうゆれもん
ちょっと待って1年待ってえええ!(笑)
>ブル
うん、毎年作ってる。本文にも書いてるよ。ブルよ。
>エア
ハンバーグのビックバージョンみたいで楽しいよ!
ごめん、御御御付けは市販派なの…

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る