オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
金城なう

小梅ちゃんの父

2011年5月30日 15:58 | コメント(2)

こんにちはー☆えだです!

 昨日の日曜日に中山道広重美術館に行ってきました!

 

201105291142000.jpg

 ええ、がっつりでした。。

 しかし中山道広重美術館はJR恵那駅から徒歩3分

 見える!それらしき建物が改札から見える!!

 台風だろうが熱帯低気圧だろうが、がしがし歩けば着くのです!!

 

 私の目的は

-現代の浮世絵師-画家・林静一展「小梅ちゃん」から「赤色エレジー」まで

 そして関連イベントの上映会&サイン会にまで参加しました!!

 

 タイトルと目的でお気づきかと思いますが、画家・林静一さんはロッテの小梅ちゃんの生みの親なんです。計画性というものがたまに欠如する私は小梅ちゃんと、ネットの検索結果上位5件だけの知識で体当たりをしてきました!!

 

 到着してさっそく観覧料とともに図録「林 静一 現代の抒情画家 女ごころ・恋心・童心」購入。いそいそと展示室に入り、じっくり作品を楽しみ、解説まで読み込みます。

しかし気になってくるのは自分以外の人々(おい

私と同じように女一人も多いんですが、友達同士や母娘やご夫婦、ご年配方の団体様、そこにちらほら男性おひとりさまとそれはそれはバラエティ豊かな人たちが・・・。

作品を見つつすれ違う人たちがどういう経緯で、自分と同じものに興味を持ち、ここに足を運んだのか妄そ・・考えるのも楽しみ方の一つではないでしょうか。

 

 さて、お昼もお隣のバ○ーの○ガキヤで済ませ、上映会のお部屋に潜入します。

 

そして、いよいよ、ご本人登場・・・・!!!!というような緊張感もなく、後ろから登場。

しかしマイクを握られた瞬間、私に衝撃が走ります。

この声、すごく、素敵・・・!!!

例えるならば、プラネタリウムの解説者さん。とても落ち着いた話し方をされる方で私はすぐにファンになりました。また、映像に関しての知識を交えて話してくださるのでとても勉強になります。メモをとって大正解でした!

 

最後のサイン会では緊張のあまり「あ、あありがとうございまいた。」しか言えないへたれっぷりを披露して終了・・・。

 

帰ったあとでサイン入り図録を眺めながら、お話に出てきた人名や作品名を片っ端から検索するえだでした。。

<< 前の記事 次の記事 >>

金城学院大学国際情報学部・庫元ゼミ

金城学院大学国際情報学部・庫元ゼミ
名古屋の有名女子大に通う、元気で個性豊かな10人が、女子大生ならではの視点で旬の話題をお届け。女子大生ってふだん何してるの?何を考えてるの?なんて疑問に対する答えもココに。等身大の彼女たち、とれたてホヤホヤ“金城なう”です!

Comment コメント

MR&B 2011年5月30日 22:48

林静一さんといえば、現代の竹久夢二とも言われた人ですね。
 

中山道広重美術館は知らなかったですが、
そういう好きなものを追いかけるのは、
いいですね。


ご本人に会えるなんて、
またいい経験ですし。


赤色エレジーはあがた森魚さんだし、
私にとってすごく昭和の匂いがします…

金城学院大学・庫元ゼミ 2011年5月31日 01:14

>>MR&Bさん
コメントありがとうございます!
私にとって素敵な経験になったのは間違いありません。
赤色エレジーは昭和のノスタルジックや哀愁がむせかえるような曲と感じました。あがた森魚さんの解説に「1000人に1回聞かれるのではなく、1人に1000回聞かれる」という文があり、とても印象に残っています。

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る