オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
編集部ブログ

『なごやレストランバス』で一流シェフの料理と美味しいお酒と半田を観光☆

2019年11月25日 08:25 | コメント(0)

こんにちは、R編集部員ですcancer

 

少し前、ニュースに「一流の味と景色を「なごやレストランバス」」という記事を上げまして、

調べたところめちゃくちゃ楽しそうな旅でしたので、行ってきました!

 

私たちが参加したのは、

お酒とビールのルーツをたどる 愛知の醸造文化コース(1万5000円)

復刻したカブトビール(半田赤レンガ建物)、200年以上の歴史をもつミツカン酢(ミツカンミュージアム)、熱田神宮に縁ある神の井酒造(大高)を巡りながら、ホテルナゴヤキャッスルのランチをバスでいただけるというなんとも贅沢な日帰り旅なのです。

 

申し込んだとき、既に残り4席。慌てて申し込んで、セーーフ☆

 

そして当日朝10時。名駅のキャッスルプラザ前で集合した私たちの前に現れたのは、

真っ赤な2階建てバス!こちらが「なごやレストランバス」です。

r-191123_1.jpg

皆さんの歓声とともに、鳴り響くシャッター音。

さすが2階建て!おっきーーー!なんと、WILLERのバスだったんですね!納得。

r-191123_2.jpg

2階への階段を上がって上を見ると青空が!真っ青!

天気よすぎて・・・ちょっと暑い(笑)

r-191123_3.jpg

向かい合わせ4席にひとつテーブルが中央にあり、真ん中にはお水が置いてありました。

ほかにも穴やらかぎ状の溝やら・・・

 

席は隣同士も別段狭いこともなく、男性でもゆったり行けると思います。

シートもクッションシートなので、おしりも痛くなりません。

 

ということで、出発~~!

2階建てともあって、ものすごく背が高い!看板や信号機などがすぐ近くに見れます。

そして、ほかの車を見下ろした時の何とも言えない優越感・・・(笑)

市バスさえも小さく見えました。

 

いつもは壁で見られない高速道路も景色が楽しめたり・・・(あっ・・・!)

r-191123_4.jpg

一瞬ですが名古屋城も!

r-191123_5.jpg日差しが強すぎるので、ひとしきり空を楽しんだ後はカーテンを引いてもらいました。

r-191123_7.jpg

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::

 

 

高速を走らせ、まず着いた先は、第一の訪問地、大高にある

「神の井酒造」さん。

r-191123_6.jpg

こちらは、熱田神宮と縁のある日本酒の酒蔵です。

酒造方法や、こだわりぬいた水、一番大事な米麹のお話を社長自ら解説してくださいました。

r-191123_8.jpgまた、この社長さんがユーモアたっぷりにお話をしてくださって。へええと感心しつつ、みんな楽しそうに聞いていました。

昔は女性は入ってはいけないとか、納豆を食べてはいけないとかありましたが、「今はそんなの気にしないよ、納豆おいしいもんね」と言っておられました。

r-191123_9.jpg

洗って干し中のお米を食べさせてもらいました。味に敏感な人、特に小学生のような子どもさんは「甘い」とかんじる感じるそうですが・・・

我々はサッパリわかりませんでした(笑)

洗う前の米を直に触らせていただきましたが、石のような、水晶のようなとても気持ちいい手触りでした。ここにもこだわりをしっかり感じました。

 

さて、試飲のお時間です!

r-191123_10.jpg

6種類ほどの日本酒をひと通りいただきます。

あ~~すごい。全部違う味がする!おいし~~!けど空腹に染み渡る~~~

飲んだ中で一番これだ!と「山田錦純米吟醸 大高」を買って帰りました。(そしたらなんと一番推しのものでした笑)

 

  <DATA>神の井酒造株式会社  名古屋市緑区大高町字高見25番地  052-621-2008   

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::

 

 

神の井酒造さんを後にしてバスに戻ると、1階ではシェフがお料理を準備している真っ最中!

r-191123_12.jpg

そんな様子を外から見ることができるなんてすごーい!

席でもすっかり準備が整っていて、白ワイン(別料金)が注がれていきます。

r-191123_13.jpg

この溝は、ワイングラスを通すものだったんですね~画期的。

ドリンクは、ワインにビール、みかんジュースなど8種類。

r-191123_15.jpg

最初のお料理は、

「愛知県野菜のセルクル トマトジュレ 菜園風」

r-191123_14.jpg

トマトの風味がゼリー状になっていて、すごく爽やか。ほかの野菜ともすごく合うし、その野菜自体甘いし、ものすごくおいしい。

ワインをのみつつ、新鮮野菜を楽しみます。

 

食事をしながら、またまた高速で移動します。

途中、阿久比パーキングエリアにトイレ休憩で寄ったのですが、めちゃくちゃきれいですね!

r-191123_17.jpg

アクアイグニスとのコラボだそうで、同じお土産も売っていました。

ここで買った「南吉の 黄ごん芋」。これ、しっとりしてておいしいので、おすすめです。

r-191123_18.jpg

 

:::::::::::::::::::::::::::::

 

トイレ休憩のあいだに次のお料理が準備されていました。

「名古屋名物 ミニひつまぶし風どんぶり」

r-191123_22.jpg

これは!!めっっっちゃおいしい!

ミニといいつつ、ふっくらで食べ応えのある(たぶん)鰻。(風ってあるけどそうじゃないの?鰻じゃなかったらなんだろう・・・)

r-191123_23.jpg

お出汁もそれだけでものすごく味わい深いです。「出汁うめ~」ってずっと出汁を飲んでる人が隣に。

r-191123_24.jpg

正直、あんまり出汁をかけて食べるの好きじゃないんですね。でもこれはずっと食べていたい、そう思いました。

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::

 

 

さて高速を降りて続いての目的地

「カブトビール」です。

r-191123_16.jpg

 

半田赤レンガ建物内にあるカブトビールは、明治時代に4大ビール会社に挑んだ地方都市のビール会社で、今となっては幻のビールとなってしまいましたが、その工場は、半田赤レンガ建物として現存しています。

 

お洒落ですよね~。赤レンガって、倉庫とかいろいろあるけどやっぱりカワイイ☆

 

中に入ると、まずは試飲から始まりました。

明治の醸造法のカブトビール(アルコール度数7%)と、大正の醸造法のカブトビール(アルコール度数5%)。

r-191123_19.jpg

。:☆カンパーイ☆。・

r-191123_20.jpg

 

うん、苦い。現代にあるビールより、だいぶコクがあって苦い。でもうまいんですけどね。

黒ビールに近い味わいかもしれません。苦みと若干のえぐみ。これが好きな人、いるだろうなぁ。

 

少し飲んだところで、あまり時間がなかったためか、このままビールを飲み続けるか、説明を聞きに行くかの選択に迫られ、、、わたしと向かいの水色さんはビールを選びました(笑)

 

結果、聞きにに行ったはずの2人もあまり覚えていないらしいのでホームページをご覧ください。。

 

  <DATA>カブトビール  愛知県半田市榎下町8番地  

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::

 

 

ビールを飲んだ後は、メインのお肉料理です。

「三河地鶏のガランティーヌ いろいろ茸のエシャロットソテーを添えて 「ミツカンブルーベリー黒酢」のソース・ヴァンルージュ」

r-191123_32.jpg

長ーい名前。

鶏肉がすごく柔らかくて、ほんのり感じるブルーベリーの香りかすごくマッチしています。

お酒にものすごく合いますわ~

 

途中、天窓をオープンにしてくれました。

r-191123_33.jpg

ひんやりした風がめちゃくちゃ気持ちい~~~

いいお天気でよかった~~~!

 

そして私はというと・・・

r-191123_26.jpg

お酒飲んで、食べて、お酒のんで、はしゃいで、お酒のんで、食べて、気持ちの良い風・・・って結果こうなりますわ。。

ものすごい日焼けした気がする・・・

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::

 

 

さて、移動しながらスヤァ( ˘ω˘ )したあとは最後の目的地

「ミツカンミュージアム」です。

r-191123_27.jpg

ミュージアムでは、お酢の歴史や、食文化などに触れたギャラリーや映像などがたくさん!

r-191123_28.jpg

でっかい船や、センスあふれる映像は見ごたえ十分。

リンゴ酢とブルーベリー黒酢の試飲、寿司握り体験や、「す」になれる壁も。

r-191123_29.jpg

大人から子供までいろんな体験を楽しめます。

r-191123_36.jpg

最後に、ポン酢のオリジナルラベルを作りました。これは記念になるなぁ☆

r-191123_30.jpg

 

  <DATA>ミツカンミュージアム  愛知県半田市中村町2-6   0569-24-5111   

 

:::::::::::::::::::::::::::::

 

さて、帰りますかとバスに戻ると、最後となります、デザートです。

「「ミツカンざくろ黒酢」で作ったポワールコンポート バニラアイスを添えて」と、コーヒー

r-191123_34.jpg

洋梨がトロトロにコンポートされてておいし~~。バニラアイスとの相性抜群。

ちょっと甘いな~と思ったけど、コーヒーとともにいただけるので、バランスよし。

 

最後まで至福のひと時でした♡

 

r-191123_35.jpg

 

日が落ちて、お腹も胸もいっぱいになって帰路につきました。

あー楽しかった~~~!

あまりに盛りだくさんだったので、写真も盛りだくさんになってしまいました(笑)

 

コース料理は一度に食べず、少しずつ間をあけたことで、すべてのお料理をおいしく完食できました。

しかも一流の料理ばかりで全部おいしかった・・・

 

 

公式サイト見てると、埋まってしまっているところが多いですが、

まだ若干空いているようです。

 

今年は12/1までとありますが、これだけ好評なのでコースや日程もこれから増えていくでしょうから、また是非、参加したいなと思っています。

 

地方から来た方なら尚のこと楽しい旅になると思うので、近郊ではない方も是非☆

 

 

名古屋レストランバス

https://www.nagoya-restaurantbus.com/

 

 

<< 前の記事 次の記事 >>

オピ・リーナ編集部

オピ・リーナ編集部
オピ・リーナの編集部員たちが気ままにつづる、仕事でのおもしろ裏話、お得なお知らせ、美味しいグルメ、おすすめ美容など。時には恋愛ネタもあったりして・・・?!

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る