オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
編集部ブログ

子どもが「鼠径ヘルニア」になりまして。① あれ?お股に〇タマ?

2019年10月30日 15:03 | コメント(0)

こんにちは。
編集部員Aです。
 
5才と2才の娘がいる二児の母です。
 
2CollageMaker_20191030_152127079edited.jpg
 
今日は腸ヘルニア(鼠径ヘルニア)を治すための手術をした次女ちゃん(仮名・2才)のことを書こうと思います。
(写真はリトルワールドにて。ライナスのように愛用の毛布を決して手放さない次女ちゃんと長女ちゃん)
 
なんと言いますか、長女ちゃん(仮名・5才)が肺炎で入院した時もとても大変だったのですが、
月日が経てば経つほどあっさり忘れていくもので…(笑)
今回はいい機会なので書いて記録を残しておこうと思います。
 
 
 
■あれ?〇タマ???
 
さて、腸ヘルニアとは何ぞや?の前にまず事の発端から。
 
その日は休日で、次女ちゃんは風邪気味だったので私と家でお留守番。
パパと長女ちゃんはお買い物に行っていました。
 
時間がゆっくり流れる夕方頃、せっかくだから普段は忙しくてさぼりがちなトイレトレーニングをしよう!
と、トイレに誘導しおまるに座らせ「ちっちしてす~ぅ す~う♪」とEテレのキャラソングを歌いながらご機嫌をとっていたところ…
あることに気づきました。
 
 
…あれ ( ^ω^)…?
 
なんかωが変じゃね…?
 
なんか…左側だけ…〇タマが…出てきた???
も、もしかして実は男の子で今頃出てきちゃったー????
 
ってくらい、お股がぷっくり膨れている次女ちゃん。
しかも左側だけ。。。。
 
あまりの衝撃にしばし沈黙するも、そのままにしていると飽きた次女ちゃんが動き出すため
さらに歌いながら「痛くな~い?」とぷっくり膨れた部分をそっと押してみた。
 
すると
 
Σ( ・◇・)σ ぐじゅぐじゅ…
 
 
なんとも形容しがたい感覚でぷっくり膨れている部分がへこむ…
 
こわっ!
こわーっ!!!!
 
何これナニコレ!!!!
絶対やばいやつやん普通じゃないやん今旦那おらんやんどうするどうするどうするのが正解???
痛がってはないから打撲や炎症系ではないからすぐ救急車は呼ぶべきではない???
 
と、驚愕と動揺が頭の中を一気に駆け巡り、混乱しながらも何か懐かしい感覚を思い出し、
一瞬思考を停止してすぐさまスマホを取り出しました。
 
恐るべきネット社会。されど有難きネット社会!
 
困った時の検索頼み~!!!!phoneto
 
 
ぱちくりしている次女ちゃんにオムツとズボンを履かせ、リビングでおやつとテレビを楽しんでもらっている間に検索検索~!
 
キーワードは「股」、そして「ヘルニア」
 
 
「ヘルニア」というと椎間板ヘルニアを思い浮かべる人が多いかなと思いますが、
「ヘルニア」とは本来あるべき部位から「脱出・突出」した状態を指す言葉で、
今回私が懐かしい感覚で思い浮かべたのは次女ちゃんが生後3か月頃に発症した「臍ヘルニア」の方でした。
 
(ちなみに「臍ヘルニア」というのはかの有名な剛田武氏のお腹にもできていた「でべそ」のことです。)
 
 
でべそについては成長に合わせて自然治癒したのですが、そのでべそを押して腹の中に戻す時の感覚にそっくりだったのです。
 
あのなんとも形容しがたい腸を押し戻すときのぐじゅぐじゅした感じ…(≧□≦)ぅぐわぁ…
 
 
と、いうのを思い出しながら検索してみると…ドンピシャでした。
 
何件か関連するページを覗いてみましたが、「鼠径(そけい)ヘルニア」という症状の写真にそっくりでした。
 
OH…まじか…
 
あ、でも30人に1人くらいの割合?わりとポピュラーね?
1才過ぎたら自然には治らない…もう2才よね…
泣いたり力んだりすると出ちゃう…トイレトレーニングしてたから??
嵌屯(かんとん)…飛び出した腸が戻らなくなったら腸が壊死…?早急に手術…した方が…いい…????
 
 
しゅ、手術かぁ~…。shock
 
突然の『手術が必要かもしれない』との状況に更に困惑。
 
しかしこれ以上は一人で判断するべきでは無いと思い、
ソファに突っ伏して旦那さんと長女の帰宅を待つことにしました…。
 
 
 
 
■出たり出なかったり。。。
 
 
旦那さんが帰宅してすぐ、「次女ちゃんの一大事やでー!」と一連の流れを説明。
 
旦那さんも慌ててそれどんな状態!?とオムツ替えと同時に一緒に確認してもらうも…
…あれ?出てない…
 
少し左側の皮膚がたるんでいる感覚はあるけれども、出てない!!
 
よ、よ…ヨカッター!!!?
 
泣いたり力んだりすると出ちゃうって書いてあったから、やっぱトイレトレーニングしてたからかな?
股を広げすぎちゃったから腹膜の隙間?が広がって出ちゃったのかな?
このまま何事も無かったかのように過ごせるかも!焦って悩んで損したー!もぉー!happy02
 
と、状況を把握しきれていない旦那さんをよそに一人で盛り上がって一人で喜んでおりましたが、
その夜のこと。
 
子供達をお風呂に入れていた旦那さんから一言。
「見た。…出てた。押したら戻ったけど、めっちゃ変な感覚だった。なにあれ。こわぁ」
 
 
こりゃ長期戦になるかな、と覚悟した瞬間でした。
 
 
<つづく~!>
 
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
すみません(>人<)
少しでも楽しくしようと書いていたら長くなってきてしまったので何回かに分けようと思います。
 
次回は病院選びと初診について書きます。
<< 前の記事 次の記事 >>

オピ・リーナ編集部

オピ・リーナ編集部
オピ・リーナの編集部員たちが気ままにつづる、仕事でのおもしろ裏話、お得なお知らせ、美味しいグルメ、おすすめ美容など。時には恋愛ネタもあったりして・・・?!

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る