オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
編集部ブログ

【育児あれこれ】手のひら、足裏に発疹が出なくても『手足口病』だった・・・

2019年7月 9日 15:00 | コメント(0)

こんにちは。

SHI編集部員ですcapricornus

 

先週の帰宅途中、保育園からケータイに着信が・・・sweat01

次女(2歳3ヶ月)、38.6℃の発熱で呼び出しshock

ちょうど帰宅途中で助かりましたが。

朝は風邪症状も特になく、いたって元気だったのに。。。

保育園でも、午前中はプールでめいっぱい遊び、

給食もおやつもモリモリ食べたそうですが、

昼寝明けから少しずつ不機嫌に、16時の検温で発熱発覚。

 

引き渡し時に担任の先生から言われたのが、

手首や足の甲など3、4箇所に水ぶくれっぽい発疹があり、

同様な症状の子が「手足口病の疑い」と診断されたそうで、

もしかすると同じかも・・・とのことでした。

ちょうどプール遊びが始まったばかりのタイミング。

クラス内での夏風邪は、広まるのも早いってもんです・・・。

※愛知県では「手足口病警報」が発令中です!

 

それにしても、手足口病って、懐かしい響き!

私も小さい頃にかかった記憶がありますcatface

名前にインパクトがあるから覚えてる(笑)

でも、実際にどんな病気?どんな症状が出るの?

という知識に乏しいため、あれこれググってみました。

 

発疹が出る3大夏風邪と言われるのが、

手足口病」「ヘルパンギーナ」「プール熱

いずれも病名は聞いたことありますが、

我が家の長女はいずれも未経験・・・。

 

そんな手足口病を簡単にまとめてみると、、、

・ウイルス性(コクサッキーウイルスA16型やエンテロウイルス71型などが主な原因)

・夏(7~8月)に流行

・乳幼児を中心に感染

・3~6日と短い潜伏期間

・全体の3割ほどに発熱が見られる

・主な症状は、手の平、足の裏、口腔内の発疹や水疱

・かゆくはない

・ときに下痢や嘔吐を伴うことも

・1週間前後で水疱がかさぶたになって治癒

・特効薬はなし

・まれに髄膜炎や脳炎など重症化することも

 

髄膜炎!脳炎!怖い・・・甘く見ていてはダメですね。

 

▼発熱当日

保育園から引き取ったその足で小児科を受診すると、

「現段階の発疹程度じゃ、まだ判断できないな~」と、

風邪薬と座薬(解熱用)を処方してもらい、帰宅。

ごく普通の風邪だと思いたい!!

そんな当日夜は、38℃前後を行ったりきたり。

食欲なし、グズり多し。水分摂取は問題なし。

*********

▼発熱から2日目

まだ37℃後半~微熱の1日。

いつもの旺盛な食欲は、かなりトーンダウン気味。

昼頃、2回ほど嘔吐したのでやや心配しましたが、

水分摂取もできて、おしっこも出ているのでひと安心。

口内に発疹⇒痛い⇒食事も水分も摂れない⇒脱水症状に陥る

を心配していたのですが、そのへんはケロっとしたもので、

たぶん口内に発疹が少なかったのか殆ど無かったかで、

フルーツを口にしても平気な様子。

手のひら、足裏は、この時点でまだ何も変化なし。

*********

▼発熱から3日目

すっかり平熱に戻って、食欲もしっかり。

おかゆを与えると、病人扱いするな!とばかりに怒る(笑)

嘔吐も昨日以来ありません。

気になる発疹ですが、口まわりと首に赤みが広がったものの、

しばらくすると引いていきました。

この時点でも、まだ手のひら、足裏はキレイなまま。

*********

▼発熱から4日目

引き続き、元気いっぱいの様子。食欲もいつも通り。

ブドウやラムネ、りんごジュースもへっちゃらなので、

相変わらず口の中に違和感はない様子。

部位ごとに、写真を撮ってみました。

まず、足裏。

20190708_2shi.jpg

何もない!ツルっとしています。

 

続いて、ひじ。

20190708_4shi.jpg

写真のような水疱や、

それらがつぶれてかさぶた化したものが数個ポツポツ。

ちなみに、両ひじとも、ありました。

 

続いて、ちょっと恥ずかしいですけど、お尻♪

20190708_3shi.jpg

お尻まわりにも、水疱をちらほら発見eye

 

ということで、再び小児科を受診。

「はい、手足口病だね」

乳幼児は、お尻周辺やヒジ、ヒザなどに出ることも。

そして今年は、我が家の次女のように、

手のひら・足裏に発疹が出ないタイプの手足口病

が、頻繁に見受けられるんですって!

もちろん、全身にぶわーっと出る子も入れば、

名前の通り、手・足・口にきっちり出る子もいて、

個人差があるようです。

 

特に痒がりませんが、念のため痒み止めも処方されました。

水ぶくれ⇒かさぶた化⇒茶色くなり落ち着いたら登園可能。

 

手足口病ということで、

手のひらや足裏に必ず赤い発疹が出る!

とばかり思い込んでいたのですが、

今回のような“出ない”ケースもあった、とのことで、

少しでも気になったら、きちんと病院受診しましょうネ。

次女は発熱したので、その時点から警戒はしていましたが、

7割ほどは発熱しない子もいるとのことですから、

気づかぬうちにウイルスをまき散らしちゃう恐れも!

体の変化には敏感でありたいものです。。。

 

そして、まれに、大人にも感染することがある!ようで、

通常のカゼ同様、念入りな手洗い・消毒などで予防を!

 

私の口の下にポツっと出来た発疹は、

ただの不摂生による“吹き出物”かしら・・・??

 

以上、SHIでした。

<< 前の記事 次の記事 >>

オピ・リーナ編集部

オピ・リーナ編集部
オピ・リーナの編集部員たちが気ままにつづる、仕事でのおもしろ裏話、お得なお知らせ、美味しいグルメ、おすすめ美容など。時には恋愛ネタもあったりして・・・?!

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る