オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
編集部ブログ

名古屋・丸の内「胡豆昆(ごずこん)」で体にやさしい和食ランチ

2018年12月26日 14:00 | コメント(0)

こんにちは。

SHI編集部員ですcapricornus

 

名古屋・丸の内ランチ編restaurant

今回は「胡豆昆(ごずこん)」さんです。

オピ・ブロガーみささんも、「小学生からの仲間とランチ」「子連れランチ@胡豆昆」と、

何度か訪れている、体にやさしい和懐石のお店。

 

お昼は、比較的お値打ちにいただけるメニューもあります。

前回来訪時『どてライス』を食べたのをUPし忘れていました!!

20181009_8shi.jpg

1,080円 具だくさん!!

20181009_7shi.jpg

食後のデザートもついていました♪お得っ

 

さて、今回は、ちょっとリッチに昼膳(3,000円)にて。

12月の献立、まず付出しは、胡麻豆腐のチアシード添え

なめらか濃厚な胡麻豆腐の上に、ジュレに包まれたチアシードがプツプツ。

20181212_5shi.jpg

チアシード=美容・健康にいいと話題のスーパーフード

胡麻豆腐、濃厚でまったり、胡麻の香りが広がります♪

見た目もカワイイですね。

 

お次の汁物、今月はアメ色玉ねぎのすり流し

和風オニオングラタンスープ風、チーズがのっているのは、パンじゃなくて麩。

20181212_7shi.jpg

さらっと飲みやすくて、本当に和風なオニオングラタンスープ感。

ガツンとくるわけではなく、とても優しい味です。

 

“ぬくもの”は、海苔巻き帆立のサクサク揚げ

お刺身としても食べられるという厚みある新鮮な帆立に、パンの衣をつけて。

抹茶塩をつけていただきます。

20181212_6shi.jpg

衣がサックサク、中の帆立はジューシー。

これ、もっと食べたい!!ってぐらい美味しかったです。

家でもちょっとマネできそうかな♪(絶対やらない自信あるけど・・・)

 

さあ、カゴ入りでやってくる“おばんざいいろいろ”が、とにかくスゴいんですheart02

運ばれてきた途端、そのボリュームと品数に思わず感動の声!

20181212_2shi.jpg

全部で何品のっているの!?数え切れないぐらい(笑)

 

カンパチ刺身、カキのウスターソース煮、チーズエビマヨ、カニ粟麩、かんぴょう入りだし巻き玉子、鰆の幽庵焼き、もずく酢、丹波黒豆煮などなど・・・。

20181212_3shi.jpg

ごはんと呉汁(味噌汁に、すりつぶした大豆がたっぷり!)もついてきます。

ごはんには、特製の胡豆昆ふりかけをパラパラと。

20181212_4shi.jpg

胡豆昆ふりかけは、お土産として購入も可能だそう。

 

黒胡麻、きなこ、昆布を粉にして混ぜた、この「胡豆昆ふりかけ」は、シンプルなんだけどすごく香ばしくて風味もイイ!

ご飯が何杯でもいける♪と思いきや、おかずが多すぎて、お腹パンパン状態でお代わりできず(笑)

 

さらに、嬉しいことに甘味もしっかり。

20181212_1shi.jpg

炒った黒豆をのせたバニラアイスには餃子の皮を揚げたものが。

サクサクな食感がイイ。器の下にはお上品な冷やしぜんざいです。

 

全体的に、どれもやさしい味付けなので、食べていて、

罪悪感がないんですよね~lovely

 

それに、予約しておいたら大変スムーズに出していただけたので、

このボリュームなのに、1時間もあれば余裕でフィニッシュ!

ランチタイムが長く取れない我々にとっては、本当にありがたいお店でした。

 

雰囲気もいいし、接待ランチなど、目上の方を招待するにも内容的にピッタリ。

職場からもすぐなので、これから何かと重宝しそうです♪

 

以上、SHIでした。

 

~DATA~

胡豆昆(ごずこん)

名古屋市中区丸の内二丁目1番19号

(地下鉄丸の内駅1番出口(鶴舞線)より徒歩1分)

052-232-1088

昼の営業 11:30~14:00(L.O.13:30)

夜の営業 17:30~22:00(L.O.20:30)

定休日:日曜、祝日、第3月曜

全席禁煙、駐車場なし

<< 前の記事 次の記事 >>

オピ・リーナ編集部

オピ・リーナ編集部
オピ・リーナの編集部員たちが気ままにつづる、仕事でのおもしろ裏話、お得なお知らせ、美味しいグルメ、おすすめ美容など。時には恋愛ネタもあったりして・・・?!

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る