オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
編集部ブログ

フライト・オブ・ドリームズで日本初出店グルメを満喫!

2018年10月18日 12:30 | コメント(0)

 こんにちは。オピ・リーナ編集部です。

 中部国際空港セントレア(愛知県常滑市)にオープンした新複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS(フライト・オブ・ドリームズ)」。ボーイング787初号機を利用した体験型コンテンツや、日本初出店となるグルメ店舗まで、誰でもが楽しめる、いま東海エリア最注目のスポットです。

 ・関連記事:フライト・オブ・ドリームズ、きょうオープン(2018年10月12日)

 

 私、空港にいるだけで「その気になれば、ここから飛び立って世界中どこへでも行ってやれんだぜ!」という(現実逃避的な)気持ちになって、旅行に行くわけじゃないけど気分上がるんですよね!

 「でも、飛行機にはあんまり興味が…」と思っちゃったあなたもご安心を。フライト・オブ・ドリームズには、東海エリア初上陸のグルメ店舗がたくさんあって、さらに夜まで(22時)営業中!

 夜のフライト・オブ・ドリームズで、注目のグルメを実食してきました!

 

■「FLIGHT OF DREAMS(フライト・オブ・ドリームズ)」とは?

 「FLIGHT OF DREAMS(フライト・オブ・ドリームズ)」は、ボーイング787初号機の展示をメインとした複合商業施設です。ボーイング787初号機を中心に、9つの体験型コンテンツで構成される有料エリア「FLIGHT PARK(フライトパーク)」と、ボーイング創業の街シアトルをテーマにした商業エリア「SEATTLE TERRACE(シアトルテラス)」で構成されています。

セントレア空港島の南側立体駐車場にあります(画像:中部国際空港提供)

 セントレア空港島の南側立体駐車場にあります(画像:中部国際空港提供)


 「FLIGHT PARK(フライトパーク)」は、さまざまなデジタルアートを生み出し続け、昨年は名古屋城でも美しく浮遊する光る球体のアート「浮遊する、呼応する球体-名古屋城」も手がけたウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」がプロデュース。きっと想像を超えるアート体験が得られるでしょう。

 地図的には、セントレアの南側立体駐車場に付近にあります。名鉄・中部国際空港駅で来られる方は、出発ロビーの反対側に進んでください。

中部国際空港セントレアのアクセスプラザ。出発ロビーの反対方向に進みます フあとは動く歩道でドナドナと運ばれるだけです

左:中部国際空港セントレアのアクセスプラザ。出発ロビーの反対方向に進みます。

右:あとは動く歩道でドナドナ運ばれていきます。

 

■SEATTLE TERRACE(シアトルテラス)の注目グルメ!

 フライト・オブ・ドリームズの商業エリア「シアトルテラス」に、グルメやグッズショップが並んでいます。こちらは入場無料で、だれでも利用できます。

シアトルの風吹きまくりのオシャレな内観

シアトルの風吹きまくりのオシャレな内観

 

 さてさて、ここから編集部イチオシの店舗をご紹介します。

 

(1)THE PIKE BREWING RESTAURANT & CRAFT BEER BAR(ザ パイクブリューイング レストラン アンド クラフトビアバー)

 アメリカ西海岸の老舗クラフトビール醸造所THE PIKEBREWING CO.(パイクブリューイング)、その日本初上陸のビアレストランです。ビールとともに、ビールにベストマッチな魚料理や肉料理などシアトル本場の料理楽しめます。

THE PIKE BREWING RESTAURANT & CRAFT BEER BAR(ザ パイクブリューイング レストラン アンド クラフトビアバー)
 ここでは中部国際空港フライト・オブ・ドリームズ限定のビール「NAGOYALE」(税込み702円)をチョイス。
フライト・オブ・ドリームズ限定ビール「NAGOYALE」(税抜き650円)

フライト・オブ・ドリームズ限定ビール「NAGOYALE」(税抜き650円)


 老舗人気醸造所のクラフトビールだけあって、飲みごたえ充分。お隣のショップ「THE PIKE SHOP BEER, WINE & MORE(ザ パイクショップ ビア ワイン アンド モア)」でお土産として購入できますよ。

 

(2)Beecher’s Handmade Cheese(ビーチャーズ ハンドメイドチーズ)

 日本初出店!シアトルの観光名所「パイクプレイスマーケット」で最も人気のあるスポットのひとつとなっているチーズ専門店です。
Beecher's Handmade Cheese(ビーチャーズ ハンドメイドチーズ)
 シアトルに行ったらこれを食べなきゃ始まらない(って聞いた)ソウルフード的メニュー「マック&チーズ」(税込み700円)をオーダー!

 

「マック&チーズ」(税込み700円)

「マック&チーズ」(税込み700円)。ソウルフードって言葉にやられてぱっとメニュー決めてしまいましたが、正解!


 チーズがちょっとだけピリ辛に味付けされていて、ビールと合う合う!シアトル最高でした。

 他にもホットグリルサンドなどが、めちゃくちゃ美味しそうでしたよ。
 

(3)MOLNODA DISH IT YOURSELF(モルノダ ディッシュ イット ユアセルフ)

 低カロリーでお腹いっぱい食べられる、名古屋・伏見で人気のサラダ専門店「モルノダ」が、フライト・オブ・ドリームズにもオープンしました!
MOLNODA DISH IT YOURSELF(モルノダ ディッシュ イット ユアセルフ)
 ワシントン州シアトルなどアメリカ西海岸にインスパイアされたサラダを中心としたヘルシーなボウル料理は、お好みで質の高い肉類をチョイスすることができます。

 今回は「TRAINER BOWL 鶏もも」(税込み1,150円)をオーダー。
「TRAINER BOWL 鶏もも」(税込み1,150円)

迷いに迷った末、「TRAINER BOWL 鶏もも」(税込み1,150円)をチョイス


 いやーさすがモルノダさん!野菜もたっぷりでボリュームもあり、罪悪感なくガツガツ食べられます。

 ・関連記事:【ブログ金城なう】高タンパクで低カロリーなご飯 #ありんこ(2018年10月17日)

 

(4)Foodie’s Stand(フーディーズスタンド)

 シアトルなどアメリカ西海岸で人気の高いバブルワッフルとジェラートをミックスした新感覚のスイーツ店。なんと名古屋・栄のパンケーキ店「HoiHoi」の新業態店舗なんです。
Foodie's Stand(フーディーズスタンド)
 シアトルで人気のチョコレートや季節のフルーツなどを使用したワッフルやジェラートが楽しめます。

 すでにお腹いっぱいのなか、ギリシャ風ヨーグルトとあまおう苺のダブルジェラート・コーン付き(税込み550円)をチョイス。
ギリシャ風ヨーグルトとあまおう苺のダブルジェラート・コーン付き(税込み550円)

これも迷いに迷った末の選択でした…。ギリシャ風ヨーグルトとあまおう苺のダブルジェラート・コーン付き(税込み550円)


 ギリシャ風ヨーグルトの酸味とあまおう苺の甘さがベストマッチ!あー。ワッフルコーンのパフェも食べればよかった・・。

---------------------------------------------------------------------------------------

 この他にも、チョコレート専門店「FRAN’S CHOCOLATES(フランズチョコレート)」、ピザ&パスタの「Ethan Stowell PIZZA & PASTA(イーサンストゥウェル ピザ アンド パスタ)」、お寿司屋さん「SHIRO KASHIBA(シロウ カシバ)などなど、紹介しきれなかったグルメがたくさんあります。

 今回は「フライトパーク」終了後の平日夜にお邪魔しましたが、比較的混雑もなく、シアトルな雰囲気を満喫できました。シアトルテラスは入場無料なので、海外な雰囲気をお得に楽しめますよ!

 そして次はぜったいに「フライトパーク」でボーイングに乗ってきたいと思います!

 

「FLIGHT OF DREAMS(フライト・オブ・ドリームズ)」

○住所:愛知県常滑市セントレア1-1 FLIGHT OF DREAMS
○営業時間:
・FLIGHT PARK(フライトパーク)10:00~17:00(最終入場16:30)、毎週土曜日のみ10:00~19:00(最終入場18:30)
・SEATTLE TERRACE(シアトルテラス):飲食店10:00~22:00、物販店10:00~18:00(一部店舗では閉店時間が異なります)
○フライトパーク入場料:大人(中学生以上)1200円 子ども(3歳~小学6年生)800円 3歳未満無料

 

■関連記事

<< 前の記事 次の記事 >>

オピ・リーナ編集部

オピ・リーナ編集部
オピ・リーナの編集部員たちが気ままにつづる、仕事でのおもしろ裏話、お得なお知らせ、美味しいグルメ、おすすめ美容など。時には恋愛ネタもあったりして・・・?!

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る