オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
編集部ブログ

徳島~愛媛~しまなみ海道へ~

2016年8月28日 13:00 | コメント(0)

こんにちは
B編集部員です

お盆も明けて、すっかり秋の空になってきましたねmaple

ちょっと前の事になりますが、5月の大型連休に四国へ行ってきました

岡山までは新幹線で行きbullettrain
レンタカーで四国に向かいましたcardash

b-160719-1.jpg
瀬戸大橋は電車も下に走っているようで、
岡山駅から徳島駅までだいたい電車で2時間くらいとの
こと、いつか電車でも四国へ渡ってみたいものですtrain

向こうには四国が...
瀬戸大橋を渡り、徳島に入りました。

徳島県に入り、まず最初に金刀比羅宮「こんぴらさん」に行くことに
shineパワースポットshineとして有名なのだとか
山の中腹に建てられていて、奥社まで1368段の階段を登らなけれはならないのですが
軽い気持ちで登って後悔することに...horse

b-160719-2.jpg
奥に讃岐富士fuji
登り⇒下りで2時間程かかりましたsweat01
これは、もはやハイキングです!かなりの体力を消耗し、ぐったりですspa

その後、2時間車を走らせて「祖谷のかずら橋」
山野に自生している「シラクチカズラ」を編み連ねて創られているとのことです。

橋の通行料は550円かかります
大型連休中だったので、橋を渡るのに1時間30分待ち!

b-160719-3.jpg
とてもスリルのある橋です。見た所
皆さんひぃひぃ言いながら渡られていましたopicon_eek

「祖谷のかずら橋」は渡らず、見学したのち
すだちアイスを食べて後にしました

車で走ること3時間dashやっと道後温泉に着き、
道後温泉本館に行こうと思ったのですが...
本館は夜9時まで。残念ながら終わっていましたdown

「道後館」という温泉旅館に宿泊event

「月子さん」という中居さんが、四国について色々と丁寧に教えてくましたcatface

b-160719-4.jpg
夕食で出た瀬戸内海のお魚「鯛」や「はまち」がとってもおいしかったですfish

翌日松山城

松山城には[ロープウェー][一人乗リフト][徒歩]の三種類の行き方があったのですが
私は一番楽しそうなリフトで行くことにしましたnotes

【料金】は
松山城天守観覧券+[ロープウェー又はリフト]往復券で1,020円

b-160719-5.jpg風を感じながら、ゆっくり進みます

b-160719-6.jpg天守からは松山の街、遠くに瀬戸内海を望むことができます

松山を後にし、
広島の尾道~愛媛の今治を結ぶ「しまなみ海道」で広島を目指しますdash


しまなみ海道を自転車で走っているバイカー達をたくさん見ました
みなさんビュンビュン走ってます!!中には原付の人も
私もいつかは挑戦してみたいと思います!!

今回の旅を振り返り、
1泊2日では時間が足りないと感じました。
四国の交通手段は車がメインとなると思います

ほぼ車の移動がほとんどでした
これから連休などに行かれる方!
四国の何県かを周る場合は2泊以上をおすすめしますsign05

infomation

【金刀比羅宮】
住所:香川県仲多度郡琴平町892-1

【祖谷のかずら橋】
住所:徳島県三好市西祖谷山村善徳162-2
TEL:三好市観光案内所 0120-404-344
通行料金:大人(中学生以上~) ¥550 小人(小学生) ¥350
営業時間:日の出~日没
定休日:無休

【松山城】
松山城総合事務所住所:松山市大街道3丁目2-46
TEL:089-921-4873
料金:松山城天守観覧券 大人(中学生以上~) ¥510 小人(小学生) ¥150、
ロープウェイ・リフト往復券 大人(中学生以上~) ¥510 小人(小学生) ¥130
営業時間:天守 9:00~17:00(2月~7月)8月は18:00迄、ロープウェイ 8:30~17:30(2月~7月)8月は18:00迄
定休日:無休

【しまなみ海道】
しまなみ海道観光マップHP:


<< 前の記事 次の記事 >>

オピ・リーナ編集部

オピ・リーナ編集部
オピ・リーナの編集部員たちが気ままにつづる、仕事でのおもしろ裏話、お得なお知らせ、美味しいグルメ、おすすめ美容など。時には恋愛ネタもあったりして・・・?!

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る