オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
編集部ブログ

「世界遺産 ポンペイの壁画展」に行ってきました!

2016年7月25日 15:27 | コメント(0)

こんにちは。
SHI編集部員ですopicon_panda

いよいよ名古屋でも始まりました、

~世界遺産~ 
ポンペイの壁画展

さっそく行ってまいりました。

先に実施した東京会場では、
皇太子ご夫妻や愛子様、
秋篠宮様らもご鑑賞されたとのこと。
日伊国交樹立150周年を記念した、
注目かつ貴重な展覧会なのですflair


2千年前、ベスビオ火山の噴火により、
時代をそのまま閉じこめたイタリア・ポンペイ。
この世界遺産・ポンペイ遺跡等から出土した、
日本初公開を含む壁画約80点などを展示。
20160725_3.jpg
《カルミアーノの農園別荘》
ポンペイ監督局蔵

この展覧会でちょっと驚いたのが、
写真撮影が可能ということcamera
※一部の作品のみ
※フラッシュ三脚・自撮り棒使用はNG

7/27(水)~8/31(水)の平日に限る、
という条件はついていますが、
所蔵者からの特別な配慮により、
実現したそうですよ~good

展覧会で、作品を撮影できることって、
滅多にないですもんね!
20160725_6.jpg
こちらも撮影OK!ということで、
ケータイでパチリ、どアップでも☆
20160725_7.jpg
《赤ん坊のテレフォスを発見するヘラクレス》
後1世紀 ナポリ国立考古学博物館蔵
う~ん、壁紙にできそうheart02
なお、この作品は日本初公開の壁画shine
海外に初めて持ち出された、大変貴重な作品『赤ん坊のテレフォスを発見するヘラクレス』で、ギリシャ神話を題材にし、皇帝顕彰のために、当時の文化と技術の粋を集めて描かれた第一級の壁画だそう。
左下の、鹿のおっぱいを飲んでいる赤ん坊がテレフォス、右側で背を向けて立ち、赤ん坊(わが子!)を見下ろしているのが、ヘラクレスです。
※ヘラクレス=ギリシア神話に登場する最も有名な英雄


撮影できるのはこれら含め3箇所と、
コチラのフォトスポットですよcamera
人が入っての記念撮影が、
唯一OKなポイントですので、
ぜひ押さえておきましょー。
20160725_13.jpg
あなたもケンタウロスになれる♪
というコーナーでございますsmile
※ケンタウロス=ギリシア神話に登場する、半人半獣の種族
20160725_2.jpg
その横には、変身アイテムがずらり(笑)
オリーブ冠や花冠、
テルマエロマエ的な布もありますよ!
親切なことに、鏡まで♪ありがたや~。
女性とか、髪形気になりますもんね!!

ということで、我々も変身~opicon_kirakira3
20160725_4.jpg
ケンタウロスっぽい!?笑

20160725_5.jpg
あぁ、ポーズが意味不明・・・と、なりきり不足の私です

思いっきり通路沿いなので、
ポーズにちょっと勇気がいりますが、
記念にぜひheart04

こーんなことをして楽しみつつ、
貴重な展示物を通し、古代ローマの美を、
存分にお楽しみくださいね。

お子様向けのイベントも実施もあって、
詳細はコチラ(中日新聞朝刊より)
親子で謎解きも楽しそう~happy02

それから、
テルマエ・ロマエの作者ヤマザキマリさんと、
同じく漫画家のとり・みきさんによる、
スペシャルトークもありますので、
(要事前申込み⇒詳細はコチラ
こちらも興味津々!!!


世界遺産 ポンペイの壁画展」は、
名古屋市博物館にて、
9月25日(日)まで開催。

なんと、オピ・リーナでは7月末まで、
ご招待券が賞品にありますので、
ご応募いただけると、
無料でご鑑賞いただけるチャンスflair
プレゼントのご応募はコチラ



************

以前もちらっと紹介しました、
数年前、実際にポンペイを訪れたシリーズ。
今回も、現地で撮影した様子をお届けcamera

20160725_8.jpg
ポンペイの壁画と言えば「赤」のイメージが強いですが、「青」も美しい。
当時、青の顔料は高価だったそう。
ポンペイの壁画展では、青の壁面装飾作品にもご注目くださいませeye

遺跡内の壁画は、いたるところに
わりと鮮明に残っていました。
20160725_9.jpg
20160725_11.jpg
20160725_12.jpg
ツアーなだけに、滞在時間が短く、
ささーっと回っただけなので、
ほとんど記憶がないのが残念(涙)

が、これはさすがに衝撃でしたimpact
20160725_10.jpg
ベスビオ火山の大噴火で、
逃げ遅れた多くの人々は、あっという間に高熱のガスで窒息死・・・その上に火山灰が降り積もり、灰が固まった中が長年をかけて空洞となったんです・・・。
そこへ石膏を流し込むと、死の瞬間の姿が浮かび上がったというわけで。

ミイラとか死体そのものではないですが、
リアルな姿勢に、言葉を失いました。
おそるべし、大噴火sweat01

そんな町ごとを飲み込んだ大噴火ですが、現在も少しずつ、その当時の姿が発掘され続けています。

************


ということで、
ポンペイの壁画展」、
ぜひ足を運んでみてくださいね~。

以上、SHIでしたopicon_panda

<< 前の記事 次の記事 >>

オピ・リーナ編集部

オピ・リーナ編集部
オピ・リーナの編集部員たちが気ままにつづる、仕事でのおもしろ裏話、お得なお知らせ、美味しいグルメ、おすすめ美容など。時には恋愛ネタもあったりして・・・?!

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る